NEW

JRA【天皇賞・秋(G1)予想】コントレイルとエフフォーリア「切り」で3強ムード崩壊!? グランアレグリア渾身の「◎」から高配当を狙え

【この記事のキーワード】, ,

JRA【天皇賞・秋(G1)予想】コントレイルとエフフォーリア「切り」で3強ムード崩壊!? グランアレグリア渾身の「◎」から高配当を狙えの画像1

 今回はこの秋、注目の一戦となる天皇賞・秋(G1)を予想していく。

 先週の菊花賞(G1)は完敗だった。それは認めるが、明らかに京都と阪神の差が出たとしか言いようがない。タイトルホルダーは逃げ切ったが、阪神コースを利したと言うべきだろう。菊花賞での逃げ切り勝ちは98年のセイウンスカイが直近で、その前が59年のハククラマまで遡る。京都開催の菊花賞逃げ切りが、いかに困難を極めるかがわかる。

 オーソクレースについてはC.ルメール騎手にしてやられた。そして、3着のディヴァインラヴは牝馬である。牝馬の3着は66年のハードイツト以来55年ぶりのこと。例外づくしなのはまさにコース替わりの影響だろう。

 さて、予想に戻るが、データに触れる前に「データ度外視、心情のみ」での予想を披露しておく。

「◎」コントレイル、「○」エフフォーリア、「▲」グランアレグリア、「△」カレンブーケドールとする。この4頭の3連複BOXでいいだろう。

 データ云々ではなく、3強は実績からして抜けた存在であり、この3強で決まる名勝負を見たいという気持ちが強い。「△」は万が一の押さえでしかない。馬券妙味も何もないが、昨年のジャパンC(G1)のように世紀の一戦になって欲しいと思っている。

いろいろ前置きが長くなったが、いつも通り過去10年で馬券になった30頭の前走データを拾ってみる。
毎日王冠 10頭
宝塚記念 7頭
安田記念 4頭
札幌記念 3頭
天皇賞・春、セントライト記念 各2頭
京都大賞典、オールカマー 各1頭
となっている。数あるG1の中でも格式の高いレースだけに条件戦や特別戦から転戦した馬は皆無。前哨戦を使ったか、直行かの違いで言えばわずかに直行組が多い。セントライト記念(G2)を使った2頭は当然3歳馬で、過去10年では勝ち星はない。

次に人気順の成績だが
1番人気 5−2−1−2
2番人気 1−3−2−4
3番人気 0−1−1−8
4〜6番人気 3−2−5−20
7〜9番人気 1−1−0−28
10番人気以下 0−1−1−70
となっている。1番人気は信頼のおける成績だが、2番人気、3番人気はアテにできない。むしろ4番人気から6番人気の中穴の好走が目立つ。

JRA【天皇賞・秋(G1)予想】コントレイルとエフフォーリア「切り」で3強ムード崩壊!? グランアレグリア渾身の「◎」から高配当を狙えの画像2
グランアレグリア 撮影:Ruriko.I

 これを踏まえて「◎」は9番グランアレグリアとする。

 安田記念(G1)からの直行で、今年はダノンキングリーに敗れたものの、昨年は最強牝馬アーモンドアイを撃破している。東京コースでは6戦4勝2着1回。馬券にならなかったのは3歳のNHKマイルC(G1)のみ。4着入線の降着で5着となっているが、どちらにしても掲示板は確保し、相性は抜群だ。

 2000mの距離については3走前の大阪杯(G1)で経験し、4着に敗れているがこれを極悪馬場のせいと見るか距離適性に問題があったと見るか。昨年の高松宮記念(G1)では重馬場ながら怒濤の追い込みを決めて2着している。

 ここから考えると、重馬場でもこなす能力はもっているが大阪杯の時のように降りしきる雨の中での極悪馬場まではこなす力がなかったと見たい。昨年のアーモンドアイ同様、ルメール騎手が完璧に乗りこなすのではないだろうか。

「○」は4番ポタジェを指名する。

 前走は天皇賞・秋の王道ローテーションである毎日王冠(G2)3着。2着がダノンキングリーで、勝ったのはシュネルマイスターと2頭のG1馬に屈しただけのこと。シュネルマイスターの強襲がなければ確実に2着はあったレースだった。

 東京2000mは2戦していずれも連対。さらに1800mを使ったのが前走とデビュー戦だけで他はすべて2000m戦という徹底ぶり。そこで4勝2着4回3着1回ですべて馬券に絡んでいる。2000m戦の申し子とも言える距離適性だろう。

 G1馬が5頭揃った上に、3強ムードが高まっている中で人気の盲点になっている1頭。ここは買いと言える。

JRA【天皇賞・秋(G1)予想】コントレイルとエフフォーリア「切り」で3強ムード崩壊!? グランアレグリア渾身の「◎」から高配当を狙えのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA【宝塚記念(G1)予想】タイトルホルダー×エフフォーリアは両方消し! G1馬なのに人気がない「アノ馬」を狙い撃ちで高配当いただき!
  2. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRA 宝塚記念(G1)「2番手で…」あの陣営から不気味なコメント…タイトルホルダーを悩ませる“くせ者”の存在
  4. JRAクラシックを嘱望されたグランアレグリア全弟の悲しすぎる結末……宝塚記念(G1)ウィークの新馬戦、「阪神」ではなく「東京」で思い出す生涯一度きりの晴れ舞台
  5. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリア「完全復活は厳しい」と予告…デアリングタクト「生みの親」が語ったエピファネイア産駒2頭の決定的な違い
  6. 宝塚記念(G1)元JRA細江純子さん「凄く良く見せたのは、共同通信杯」エフフォーリアにまさかのジャッジ!? 「1番目か2番目」武豊アリーヴォ絶賛も、疑惑深まる年度代表馬の早熟説
  7. JRA宝塚記念(G1)川田将雅「騎乗馬なし」の誤算!? リーディング独走の上半期立役者も見学なら「あの記録」もストップか
  8. JRA宝塚記念(G1)武豊キタサンブラックが沈んだ罠にエフフォーリアも、タイトルホルダーも!? 昨年「単勝215.3倍」の下剋上は何故起きた?
  9. JRA宝塚記念(G1)逃げ「当確」パンサラッサが激流を演出…タイトルホルダーも苦戦濃厚、混戦必至の展開で「漁夫の利」を得られるタイプは?
  10. JRA「今年はヤバい」池添謙一、横山武史らもビビった!? 宝塚記念(G1)でトップジョッキーが不在…2週続いた騎乗停止処分に恐怖の声