NEW

JRA【ファンタジーS(G3)展望】武豊騎手×武幸四郎調教師タッグが2度目の重賞挑戦! 2連勝中の逸材VSソダシ妹! ドレフォン産駒の良血馬にも要注目

JRA【ファンタジーS(G3)展望】武豊騎手×武幸四郎調教師タッグが2度目の重賞挑戦! 2連勝中の逸材VSソダシ妹! ドレフォン産駒の良血馬にも要注目の画像1

 11月6日、阪神競馬場では2歳牝馬による重賞、ファンタジーS(G3)が行われる。注目は武幸四郎調教師が送り込む2戦2勝の逸材だ。

 ウォーターナビレラ(牝2歳、栗東・武幸四郎厩舎)は、シルバーステートの初年度産駒で、8月札幌の2歳新馬(芝1500m)を6番人気で勝利。続くサフラン賞(1勝クラス)も同じく6番人気で制し、デビュー2連勝を飾った。

 いずれも吉田隼人騎手が鞍上を務めていたが、今回は武豊騎手に白羽の矢が立った。武兄弟のタッグで重賞に臨むのは昨年7月の函館記念(G3)以来、2度目。前回は5番人気ワールドウインズで7着に敗れていた。

 ウォーターナビレラは2連勝中とはいえ、いずれも人気薄だったため、フロック視する声も聞こえてくる。いずれもスローペースで、初戦は逃げ切り、2戦目は2番手から抜け出しての勝利だった。展開的にやや恵まれたのも事実だろう。

 今回は距離も1400mに短縮され、ペースアップは必至。そうなったときの対応力が問われそうだが、そこは百戦錬磨の武騎手。テン乗りでもしっかり操縦してくれるはずだ。

 武兄弟はそろって重賞勝利から遠ざかっている。武騎手は3月の中山牝馬S(G3)、武調教師は19年3月のファルコンS(G3)が最後の重賞勝利。兄弟で久々の美酒を味わうことはできるか。

 1戦1勝のオルコス(牝2歳、美浦・加藤士津八厩舎)は池添謙一騎手とのコンビで出走を予定している。父は新種牡馬ドレフォン。その産駒ジオグリフは札幌2歳S(G3)を勝ち、来年の牡馬クラシック最有力候補に名乗りを上げている。

 オルコスは兄に今年の皐月賞(G1)4着馬アドマイヤハダル、伯母にスイープトウショウがいて、母系も折り紙付き。9月のデビュー戦は中山マイルで、2番手追走から直線抜け出す横綱相撲でクビ差勝利を飾った。

 この時の勝ち時計1分35秒5は、同コースを走ったウォーターナビレラの2戦目より0秒3速い。「軽くて良いフットワークをしている馬ですから、開幕週のきれいな馬場も良かった」という池添騎手のコメントからも、馬場は軽い方がいいだろう。

 開業3年目の加藤士調教師は3度目の挑戦で重賞初勝利を狙う。思い切った関西遠征が実を結ぶか。

JRA【ファンタジーS(G3)展望】武豊騎手×武幸四郎調教師タッグが2度目の重賞挑戦! 2連勝中の逸材VSソダシ妹! ドレフォン産駒の良血馬にも要注目のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合