NEW

JRA【京王杯2歳S(G2)展望】「4戦4勝」C.ルメール&「距離延長はプラス」コラリンが中心!逆転視野は新種牡馬の産駒たち

JRA【京王杯2歳S(G2)展望】「4戦4勝」C.ルメール&「距離延長はプラス」コラリンが中心!逆転視野は新種牡馬の産駒たちの画像1

 11月6日、東京競馬場では京王杯2歳S(G2)が行われる。昨年はダイワメジャー産駒のモントライゼが優勝し、鞍上C.ルメール騎手はこのレース通算4勝目を飾った。

 今年の主役候補も同じルメール騎手のダイワメジャー産駒。叔父にG2・3勝のシャケトラがいる良血コラリン(牝2歳、美浦・岩戸孝樹厩舎)だ。

 6月札幌のデビュー戦(芝1000m)は1番人気に支持されたが、スタート後の不利が響き、4着に敗れた。2戦目は函館芝1200mの未勝利戦で、今度はスタートでやや後手を踏んだが、すぐに挽回。横山武史騎手がうまく内に潜り込み、道中は2番手を進んだ。直線に入って早めに先頭に立つと、そのまま押し切って勝ち上がった。

 続く3戦目は中山芝1200m戦のカンナS(OP)。ここでもスタートで出遅れ後方からの競馬。4コーナーでは8番手という位置だったが、直線で大外に持ち出すと、逃げ馬をとらえ後続馬の追撃を振り切った。

 1000mでデビューしたように、将来的にはスプリント路線を歩むことが濃厚。実際、ルメール騎手も「1400mまでの短距離タイプ」とコメントしている。ただし、スタートがいまいちの現状は、挽回が容易な距離延長はプラス要素と捉えたい。

 また、ルメール騎手はこのレース4戦4勝と好相性を誇る。牝馬の優勝は1998年ウメノファイバーを最後に出ていないが、牡馬相手でもここはコラリンの激走に期待したい。

 8月の新潟マイル戦でデビュー勝ちしたトウシンマカオ(牡2歳、美浦・高柳瑞樹厩舎)は、1400mへの距離短縮を味方につけたい。

 父はサクラバクシンオーの直仔ビッグアーサーで、現役時代に出走した15レース中14レースが1200m戦。残る1レースも1400mという生粋のスプリンターだった。1600mで勝利を挙げたトウシンマカオだが、血統的にも距離短縮でパフォーマンスを上げる可能性は高いだろう。

 デビュー戦で手綱を取った戸崎圭太騎手も「追い切りから動いていました。それがレースに現れていました。ただ少し前向きすぎるところがあります」と性格的にも将来は1200~1400mが主戦場となりそう。

 ビッグアーサー産駒はこれが重賞初挑戦。いきなり2歳重賞を勝てば、種牡馬としての価値が急上昇することは間違いないだろう。

JRA【京王杯2歳S(G2)展望】「4戦4勝」C.ルメール&「距離延長はプラス」コラリンが中心!逆転視野は新種牡馬の産駒たちのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊「絶縁」噂のトレーナーと4年9ヶ月ぶりの白星! 懇意の『ウマ娘』藤田晋オーナー所有馬も所属、関係修復で依頼数「増加」なるか
  2. JRA単勝1.9倍「幻の桜花賞馬」が痛恨の敗戦……川田将雅×中内田充正厩舎「黄金コンビ」に続く秋華賞(G1)制覇の試練
  3. JRA「大差レコード負け」からジョッキーも信じられない奇跡!? 約2年20戦の時を経て「2着馬」が10馬身差の圧勝でレコード再更新
  4. JRAラジオNIKKEI賞(G3)「遅れてきた大器」が無傷の3連勝! ドゥラメンテ調教師が「南半球の怪物」と初めてクラシック制覇を見据えた日
  5. JRA武豊ドウデュースら「本当の敵」は凱旋門賞離れ!? タイトルホルダー馬主が掲げた「狂騒曲」の終止符が賛同される理由
  6. JRA「23年で1番良い馬」オグリキャップになれなかった日本ダービー(G1)1番人気。「上手く乗れなかった」強過ぎたからこそ動けなかったM.デムーロの慢心と後悔
  7. JRA C.スミヨン「入線後」の斜行でも12日間の騎乗停止! 過去には武豊とも一悶着…イギリスでやらかした「お粗末騎乗」にファンも納得?
  8. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  9. JRA【七夕賞(G3)展望】棚ぼた勝利は難しいハンデ戦!? 「G1除外の無念」ヒートオンビートVS「福島の鬼」ヴァンケドミンゴ!
  10. JRA武豊×蛯名正義「同期タッグ」が北の大地でOP初挑戦! 騎乗するのは縁ある「女帝」の孫。重賞初挑戦へ繋がる勝利にかかる期待