NEW

パチスロ「パネルが違えば中身も違う…!?」~4号機名機伝説~ チェリーバー編Part3【アニマルかつみの回胴青春時代Vol.69】

【この記事のキーワード】, ,

パチスロ「パネルが違えば中身も違う…!?」~4号機名機伝説~ チェリーバー編Part3【アニマルかつみの回胴青春時代Vol.69】の画像1
 待ちに待った初の新基準パチスロ4号機ということで、各方面より多大なる注目を集めて登場した『チェリーバー』。しかし、ホールに導入されてからの評価は、決して芳しいものではなかった。

 例の「基板改修・再封印」によって従来からの裏モノは多くが淘汰された。しかし、新たな勢力が続々と登場したことで、巷のホールでは激しい連チャン性を持つ旧基準3号機の裏モノが、まだまだ圧倒的な勢力と人気を誇っていた。

 そんな中、ドノーマルでなおかつ中途半端なA‐Cスペックで登場したものだから、はじめは物珍しさで飛びついた客も、「やたらコイン持ちがいいだけで当りも重いし退屈だ」と離れていってしまうのであった。

 まぁ、かつての4号機から5号機への移行期も、そして5号機から6号機への移行期であるいまもそうだが、スペックの高い旧基準機が残っている間は、スペックダウンした新基準のウケが悪いのは仕方のないことである。

 さて、デビューから数ヶ月が経った頃、そんな『チェリーバー』に関する不穏な噂が、業界内のどこかしらから聞こえてきた。

「新たに販売される黄色パネルのヤツは、どうやら連チャンバージョンらしい」

 前にも同じような話があった。そう、『コンチネンタルⅡ』の「青いパネルは連チャンバージョン説」である。

 駆け出しだった自分がページ担当を任され、幾度となくデータ取りをしたのだが、結果からいうと空振り、つまりは完全なるガセネタだった。

 その時のいやな思い出が蘇ってきたのだが、火の無いところになんとやら。またしても担当を任され、実戦検証を行うこととなった。

パチスロ「パネルが違えば中身も違う…!?」~4号機名機伝説~ チェリーバー編Part3【アニマルかつみの回胴青春時代Vol.69】の画像2
当時担当した黄パネルVer.の実戦検証記事


 結果は、いわずもがな。「青コンチⅡ」と同様、またしても空振りを喰らってしまったのである。

 いったい、どこの誰がこんな噂を流したのだろう。まぁ、それだけ当時は、まだまだ「連チャン機」に対するニーズが高かったということだろう。

 そして、黄パネル騒動から数ヶ月が経った頃、ついにホンモノの連チャンバージョンが首都圏を中心に出現する。

 例によって複数のバージョンが存在したようだが、在りし日の『コンチネンタル』を彷彿されるビッグオンリーの連打の応酬は、例のフラッシュ告知の効果もあって、爽快極まるものだった。

パチスロ「パネルが違えば中身も違う…!?」~4号機名機伝説~ チェリーバー編Part3【アニマルかつみの回胴青春時代Vol.69】のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合