NEW

元JRA藤田伸二氏「一番ダメだったのは祐一」、天皇賞・秋(G1)3強決着も“消極騎乗”福永祐一に苦言……。安藤勝己氏と見解分かれる

【この記事のキーワード】, , ,
元JRA藤田伸二氏「一番ダメだったのは祐一」、天皇賞・秋(G1)3強決着も消極騎乗福永祐一に苦言……。安藤勝己氏と見解分かれるの画像1
エフフォーリア 撮影:Ruriko.I

 31日、東京競馬場では天皇賞・秋(G1)が行われ、3番人気エフフォーリアが優勝。1番人気コントレイルは2着、2番人気グランアレグリアは3着に入り、下馬評通りの3強決着となった。

「本気で仕上げてきたライバルを捩じ伏せた激勝」

 レース後、Twitterにそうつぶやいたのは元JRA騎手の安藤勝己氏だ。もちろん勝ったエフフォーリアに対しての賛辞だが、2着に敗れたコントレイルについても「普通なら勝っとる。乗り方も仕上がりも文句なし。惜しむらくは勝ち馬の勢いが上やった」と記した。

 さらに3着に敗れたグランアレグリアは「距離はやっぱり気持ち長い。ただ、後続は離しとるし超立派な名牝」と、これまでと変わらぬ高い評価を与えた。

 安藤氏の見解で気になったのは、コントレイルの鞍上・福永祐一騎手への評価だ。乗り方を「文句なし」と評したが、これとは異なる見解を示した人物もいた。元JRA騎手の藤田伸二氏である。

 藤田氏はこの日、15時から自身のYouTubeチャンネルでライブ配信を行い、天皇賞・秋の見解と予想を披露。レース前には、3強の不安点も列挙していた。

 グランアレグリアは「2000mはちょっと長い」、コントレイルは「最内枠を上手にさばいてこられるのか」、そしてエフフォーリアは「(斤量が)2kg軽くて有利にも見えるけど、3歳馬はよほど強くないと……」

 藤田氏は「3頭のうちどれが勝つのか分からない」と結論づけ、披露した買い目は、ポタジェとカレンブーケドールの2頭を軸(1列目)に置いた三連複フォーメーション。3強とヒシイグアスへ流した合計16通りだった。

「藤田氏は3強で決まる可能性が高いことを予想しつつも『トリガミ』を嫌って、こういう結論に至ったようですね。的中とはなりませんでしたが、結果的に藤田氏が話していた通り『見るレース』でした」(競馬誌ライター)

 そんな「見るレース」で終始、藤田氏の視線を釘付けにしたのがコントレイルに騎乗した福永騎手の動きだった。

元JRA藤田伸二氏「一番ダメだったのは祐一」、天皇賞・秋(G1)3強決着も“消極騎乗”福永祐一に苦言……。安藤勝己氏と見解分かれるのページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合