NEW

JRA天皇賞・秋(G1)横山武史「武豊の歴史を超えて欲しい」、父の願い叶えた!? 噂から現実に近づいた親子三代制覇

【この記事のキーワード】, ,
JRA天皇賞・秋(G1)横山武史「武豊の歴史を超えて欲しい」、父の願い叶えた!? 噂から現実に近づいた親子三代制覇の画像1
エフフォーリア 撮影:Ruriko.I

 10月31日、東京競馬場で開催された天皇賞・秋(G1)は、横山武史騎手の3番人気エフフォーリア(牡3、美浦・鹿戸雄一厩舎)が優勝した。

 同馬はこれで皐月賞(G1)以来となるG1・2勝目。また、鞍上の横山武騎手は、先週の菊花賞(G1)に続き、2週連続のG1制覇を成し遂げた。

 改めて“記録づくし”の大一番だった。

 3歳馬が古馬を破って勝利を挙げたのは、2002年シンボリクリスエス以来となる19年ぶりの偉業。横山一家としても祖父の富雄さん、父の典弘騎手と史上初の親子3代での天皇賞・秋制覇となった。

 2着にも1番人気コントレイル、3着にグランアレグリア、三強といわれた馬が3着以内を独占したのは、1着ウオッカ、2着ダイワスカーレット、3着ディープスカイで決着した2008年から13年ぶりのこと。

「ダービーのこともあったので、人生で初めてうれし泣きをしました」

 レース後のコメントからも、はち切れんばかりの喜びが伝わってくる。弱冠22歳の若武者は、何度もガッツポーズを繰り返した。やはり真っ先に思い浮かんだのは、無冠の二冠を狙った前走・日本ダービー(G1)の敗戦だったのだろう。

 “展開のアヤ” ともいえそうなハナ差負けを喫したとはいえ、エフフォーリアが世代トップクラスの馬だという自負は陣営にあったはず。

 だが、意外にも陣営が選択したのは、菊花賞(G1)との二冠ではなく、あえて古馬が相手となる天皇賞の舞台。回避した菊花賞を皐月賞で負かしたタイトルホルダーが圧勝しただけに、一部のファンからは賛否を問う声も出た。

 ただ、裏を返せば勝ち負けになるという手応えなくして、この挑戦はあり得なかったのかもしれない。そして、見事にその期待に応えてみせた人馬のストーリーに、多くの競馬ファンは酔いしれた。

 三強対決に沸いた府中の芝2000m戦。16頭立てのレースで1番人気のコントレイルが1枠1番、2番人気グランアレグリアが5枠9番、エフフォーリアは3枠5番とそれぞれが悪くない枠を引き当てた。

 三強それぞれが無難なスタートを決める中、果敢にハナを奪ったのは横山典弘騎手のカイザーミノル。逃げた馬がスローに落とそうとしているのを察してか、C.ルメール騎手はグランアレグリアを2番手につける奇策を取る。隊列的にはこれを見る形で6番手にエフフォーリア、さらにその一列後ろにコントレイルの並びでレースが進んだ。

 各馬の動きが激しくなった最終コーナーに差し掛かり、最初に動いたのはグランアレグリア。残り400mを過ぎて早々と先頭に立ち、先にセーフティーリードを取ろうとしたルメール騎手の作戦だろう。

 だが、「そうはさせじ」とほぼ同じタイミングで追い出したのが、横山武騎手のエフフォーリア。外に進路を確保したコントレイルは、これを見てから追撃を始める。ここから3頭によるデッドヒートが展開されたが、残り100mで脚色の鈍ったグランレグリアが脱落する。

 次に、漁夫の利を狙う形となったコントレイルが懸命に追い上げたものの、グランアレグリアを交わすのが精一杯。まだまだ脚色に余裕のあったエフフォーリアとの差は詰まることなく、ゴールでは1馬身の差がついていた。

JRA天皇賞・秋(G1)横山武史「武豊の歴史を超えて欲しい」、父の願い叶えた!? 噂から現実に近づいた親子三代制覇のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合