NEW

【JBCスプリント(G1)展望】金沢1400mでマイラーに勝機あり!? サンライズノヴァは復活なるか、前哨戦快勝サクセスエナジーはベスト条件

【JBCスプリント(G1)展望】金沢1400mでマイラーに勝機あり!? サンライズノヴァは復活なるか、前哨戦快勝サクセスエナジーはベスト条件の画像1

 3日(水・祝)、地方競馬の祭典「JBC」が金沢競馬場で開催される。今年のJBCスプリント(G1)は7ハロン戦で、スプリンターとマイラーのぶつかり合いが見られそうだ。有力馬を中心に早速展望していこう。

 金沢の1400mコースはスタンド前からのスタート。1コーナーまでの距離は250mほどで、4回コーナーを回り、最後は236mの直線が待っている。前回の金沢開催時(2013年)はマイル以上の距離に実績があったエスポワールシチーが勝利。生粋のスプリンターには厳しいレースになる可能性もある。

 19年南部杯(G1)の覇者サンライズノヴァ(牡7歳、栗東・音無秀孝厩舎)が復活をかける。近4走はすべて7着以下と不振続きだが、距離はすべて1600~1800m。久々となる1400mで巻き返しがあってもおかしくはない。1400mでは昨年プロキオンS(G3)を59kgの酷量を背負って勝っている。

 鞍上は地元・金沢競馬所属の吉原寛人騎手が務める。JRAや南関東の騎手に比べ、このコースを知り尽くしているのは心強い限りだろう。19年南部杯でG1初制覇を飾ったのもこのコンビだった。2年ぶり2度目のコンビ再結成で大仕事をやってのけるか。

 サンライズノヴァと同じ7歳馬のサクセスエナジー(牡7歳、栗東・北出成人厩舎)にも勝機がある。

 前走は大井で行われた東京盃(G2)を完勝。1200mから1ハロンの距離延長となるが、もともと1400mを中心に使われてきた馬。重賞6勝のうち5勝が小回りの1400mなので、舞台設定はベストといえるだろう。

 金沢は初参戦となるが、これまで中央・地方問わず各地を転戦。様々なコースを経験しているのも心強い。過去2回のJBCスプリントは11着、10着と結果を残せていないが、松山弘平騎手とのコンビで「三度目の正直」となるか。

 大外8枠12番に収まったレッドルゼル(牡5歳、栗東・安田隆行厩舎)も、ベストの距離で東京盃3着からの巻き返しを図る。

 ダート1400mは「4-3-0-2」で、重賞初制覇を果たした4走前の根岸S(G3)もこの距離だった。その後はフェブラリーS(G1)でも4着に好走。1200mのドバイゴールデンシャヒーン(G1)では2着とダート短距離界の中心を担っている。

 最近は後方から末脚を温存する競馬で結果を残しているが、今回は直線が短いだけに、同じような競馬で後方から届くかどうか。大外枠から川田将雅騎手の手綱さばきも見物だ。

 豊富なキャリアを誇る6歳馬2頭も虎視眈々と上位をうかがう。

【JBCスプリント(G1)展望】金沢1400mでマイラーに勝機あり!? サンライズノヴァは復活なるか、前哨戦快勝サクセスエナジーはベスト条件のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合