NEW

パチスロ『沖ドキ』最新作登場で沖スロ市場に早くも動きが!? 中古相場“急落”でさまざまな憶測も…

【この記事のキーワード】,

パチスロ『沖ドキ』最新作登場で沖スロ市場に早くも動きが!?  中古相場急落でさまざまな憶測も…の画像1

 左右の華から放たれる強烈な光線で脳みそが焼かれ、その刺激を求めて財布も丸焦げになることもしばしば。“華光”というニックネームを付けるぐらい「ハイビスカス」の魅力に取りつかれている筆者ですが、今後予想される沖スロ市場の“大躍進”が楽しみで仕方ありません。

 ご存知の通り、今年6月にリリースされた沖スロAT『チバリヨ‐30』(ネット)は現在もホールで大暴れ中。全国各地で万枚クラスの出玉を吐き出していると話題です。出玉率は設定6で約107%とお世辞にも優秀とは言えない数値ですが、ツボにハマった時の破壊力は6号機トップクラス。実際、現行機種で日本一だと思われる「終日で1万8000枚を記録した」との報告もあるほどです。これだけ出れば、間違いなく脳汁はカラカラの枯渇状態だったでしょうね。

 沖スロ好きとしては絶対に打っておきたい一台のひとつですが、残念ながらまだ打てていません。先日の増産で全国各地に導入されるようになりましたが、それでも設置されているホールは限られており、先の爆裂報告を聞いた同士達がこぞって本機を打ち始めていますから、競争率がかなり高くなっている印象です。まあ、設定度外視なら座ること自体はできるでしょうが、一撃性がある=出玉が荒いということですから、正直怖くて気軽に打とうとは思えません。

 というのも、沖スロATといえば、革命機『沖ドキ!』(アクロス)が記憶に新しいですが、そんな本機でモードB狙い(スルー狙い)をしていた際、夜から閉店近くまで天国に上がらず、その結果、5号機最高負け額となる11万オーバーを記録した過去があるからです。時間にしてわずか3時間弱、湯水のように消えていく一万円札……。その時の諭吉は単なる紙に過ぎず、なんなら街で配っている無料のティッシュペーパーと変わりありませんでした。

 本機はご存知の通り、約23G/50枚の低ベースAT機。それだけに、下振れした時のダメージは尋常ではないのです。沖ドキ愛好家なら、同じような経験をした方も多いことでしょう。

 その『沖ドキ!』ですが、初代以降パッとしない状況が続いています。特に6号機でリリースされた『沖ドキ!2-30』は導入当初から稼働率の低さが目につき、なかには台数を減らしているホールもあるぐらいです。一部ファンからは「沖ドキの時代はもう終わり」「チバリヨには勝てない」などと揶揄する声もあるなど、5号機で築き上げたブランドは“崩壊寸前”かと思われましたが……。

パチスロ『沖ドキ』最新作登場で沖スロ市場に早くも動きが!? 中古相場“急落”でさまざまな憶測も…のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合