NEW

JRA G1連勝の横山武史に「油断禁物」のサイン!? 関係者からの評判「うなぎ上り」の関東所属の若手騎手とは

【この記事のキーワード】, ,

 今年の開催最終週だった先週の新潟競馬場。重賞も無く、盛り上がりに欠けていたかもしれないが、次代の日本競馬界を引っ張るホープが獅子奮迅の大活躍を見せた。

 ホープの名は菅原明良騎手だ。2月の東京新聞杯(G3)をカラテで制して初重賞制覇と元々若手の期待株の呼び声が高かったが、その声に更に拍車をかける「菅原劇場」と言わんばかりの爪痕を残した。

 ショーの幕開けは3Rの2歳未勝利戦。7枠12番の2番人気アメトリーチェに騎乗した菅原明騎手は、最後の直線で一旦2着馬に前へ出られたが、ゴール前でギリギリ差し返してこの日1勝目を上げる。

 4Rの障害戦と昼休憩を挟んで行われた5Rではテン乗りのシナモンスティックに騎乗。レース後に「馬場が悪くて(馬が)脚を取られてました」と、振り返っていたが、他の騎手が最終週の荒れた馬場を考慮して外へ行くと考えたのか、菅原明騎手は敢えて内を選択。経済コースを通れたことで余力があったのか、直線では渋太く伸び、大外から強襲してきた馬に最後まで先頭を譲らなかった。

 6Rは馬券圏外に敗れたものの、次の8Rでは、7番人気のショウナンバービーを1着へ導き本日3勝目。外枠が絶対的有利をされる千直戦ながら、3枠6番から好スタートを決めると、二度三度とチラ見しながら迷わず外に移動してまんまと逃げ切りを成功させた。続く9R・10Rも勝利して、メインレース前までに3連勝を含む7戦5勝の固め打ちを決めた。

 メインレースは騎乗馬の3番人気ミスミルドレッドが、スタートで出負けした影響で敗れたが2着。それでも5Rと打って変わって、終いの脚に定評のある馬が無理せず末脚を伸ばせるよう、大外に持ち出す機転の利く騎乗を見せている。

 そして遂にフィナーレを迎えたのが最終12R。決め手が自慢の2番人気オジョーノキセキに騎乗した菅原明騎手は、道中は掛かることのないよう後方で我慢させる。そして勢いよく外を回って直線へ向くと、約3年半も勝っていない馬というのが嘘のような豪快な差し切り勝ちを見せた。

 振り返れば、菅原明騎手はこの日だけで6勝2着2回着外1回という大車輪の活躍。上位人気馬に恵まれたとはいえ、7番人気馬でもしっかりと結果を残したあたり、腕がなくてはできない偉業だといえる。

「テンよし中よし終いよしではないですが、芝ダート問わずに変幻自在のポジション取りで好騎乗を連発してくれました。最終週で把握が難しい馬場を完全に手の内に入れていたかのような神懸かりぶりです。

また2Rでは、JRAの公式HPに決勝写真が掲載されたほどのハナ差負けがありました。このレースも勝っていれば、1日で7勝だったわけですから。とんでもないことですよ。まさにこの日の新潟は菅原デーだったわけです」(競馬誌ライター)

JRA G1連勝の横山武史に「油断禁物」のサイン!? 関係者からの評判「うなぎ上り」の関東所属の若手騎手とはのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合