NEW

JBCクラシックは「単勝万馬券」級の大穴に自信あり!レディスクラシック、スプリントも期待の穴馬をスタンバイ

JBCクラシックは「単勝万馬券」級の大穴に自信あり!レディスクラシック、スプリントも期待の穴馬をスタンバイの画像1

 3日、今年は2013年以来の金沢競馬場でダート競馬の祭典「JBC」が行われる。

 JBC・3競走の最初は、牝馬によって争われるJBCレディスクラシック(G1)。2017年には3連単134万馬券が出たレースでもある。ここは自信の本命馬から馬連で万馬券を狙いたいところだ。

「◎」には6番のテオレーマ(牝5歳、栗東・石坂公一厩舎)を指名する。

 芝とダートの違いはあるが、父ジャスタウェイ譲りの決め手を搭載。特に逃げ・先行馬が有利な小倉ダート1700mで豪快に差し切った4走前の豊前S(3勝クラス)と重賞初制覇となった3走前のマリーンC(G3)では、直線の走りが1頭だけ別格だった。

 2走前は自慢の末脚が不発に終わり惨敗したが、敗因は明確。前走後に鞍上の川田将雅騎手が「(スパーキングレディーCは)熱中症の影響で走らなかった」と、明かしている。

 今回は内に逃げ・先行馬が3頭隣り合わせ、外にもレーヌブランシュといった前に行きたい馬が揃った。最初の1コーナーまで約350mあるため、先行争いが長引けば長引くほどテオレーマ向きの展開になるだろう。

 ただ、テオレーマは勢いあるJRA所属馬ということで、当日は人気になることが確実である。相手には穴っぽい「○」に昨年の同レース4着馬の12番ダノンレジーナ。「▲」には南関で好成績の7番ルイドフィーネ、「△」にムラはあるが交流重賞連対実績が魅力の1番マルカンセンサーを推す。

 馬券は上記3頭へ流して、高配当を狙いたい。

<JBCレディスクラシック 買い目>
馬連 6番→1番・7番・12番

 次は9RのJBCスプリント(G1)だ。2年続けて3連単の払戻が149万円、18万円と波乱決着となっているため、穴党の私からすると腕の見せ所になる。このレースも紐荒れ狙いの馬連で勝負する。

「◎」に指名したのは、9番のサクセスエナジー(牡7歳、栗東・北出成人厩舎)だ。

 今年のJBCスプリントは、コーナー4つの1400m戦。出走馬を見渡すと、JRA勢のほとんどが1400m戦の実績はあるが、コースを1周するレースでの実績が乏しい。大外12番のレッドルゼルにいたっては今回が初めてである。

 その点、サクセスエナジーはコーナー4つの1400m戦の交流重賞を計5勝しているスペシャリストだ。他の馬とは実績・適性どちらの面でも一枚上と判断していい。

 さらに揉まれ弱い同馬にとって、今回は願っても無い外枠からのスタートなのは好材料だ。自身よりも外の先行馬はベストマッチョだけと枠の並びも恵まれた。

 使い詰めである点は気になるが、中間の調教では疲れを微塵も見せない軽快な動きを披露している。これなら初のG1勝ちを期待してもいいのではないだろうか。

「○」に2歳戦とはいえ、昨年G1勝ち実績がある4番アランバローズ、「▲」に昨年の同レース覇者3番サブノジュニアをそれぞれ推奨する。また、今夏までJRAのオープン馬だった11番クリノフウジンも「△」で押さえたい。

<JBCスプリント 買い目>
馬連 9番→3番・4番・11番

JBCクラシックは「単勝万馬券」級の大穴に自信あり!レディスクラシック、スプリントも期待の穴馬をスタンバイのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合