NEW

JRA メロディーレーン有馬記念挑戦の立役者! 岩田望来「76連敗」初重賞へ、川田・福永不在で大チャンス到来か⁉

JRA メロディーレーン有馬記念挑戦の立役者! 岩田望来「76連敗」止める初重賞へ、大チャンス到来か⁉の画像1
岩田望来騎手 撮影:Ruriko.I

 先週、阪神競馬場・芝3000mで行われた古都S(3勝クラス)。スタミナ自慢の並み居る馬達を撃破し、晴れてオープン入りを飾ったのは、354kgの小さな牝馬メロディーレーン(牝5歳、栗東・森田直行厩舎)である。

 ここのところ自己条件・格上挑戦ともに2桁着順が続いていた同馬だが、約1年半ぶりのコンビ再結成で勝利へと導いたのが岩田望来騎手である。

 近走はテン乗りが続き、後方からの競馬ばかりになっていたメロディーレーンだが、この日は積極的に先行策を打ち3、4番手の好位置でレースを進める。結果的にこの作戦が吉と出た。「斤量が軽いことが終いの伸びにつながりました」と、ゴール寸前鮮やかに差し切り勝ち。スタンドは、重賞レース顔負けの大きな拍手に包まれた。

 陣営は、次走は暮れの有馬記念(G1)の出走を目指すことを表明。ファン投票の結果次第ではあるが、もし出走となれば岩田望騎手の継続騎乗が叶うかも注目である。

 話題沸騰のメロディーレーンに比べて、好騎乗の割に今ひとつ影が薄いことが否めない岩田望騎手。しかし、着実に勝ち星を積み上げており現在のリーディングは7位に浮上。このまま行けば昨年の9位を上回る自己の過去最高順位でゴールすることになる。

 先週は天皇賞・秋(G1)での横山親子3人の共演が大きな話題となった。その裏で、実は阪神競馬場でも、岩田康誠騎手・岩田望来騎手の親子コンビが1日で1、2着フィニッシュを3回も決めていたのである。

 そんな勢いそのままに勝ちたいのが、現在76連敗と嬉しくない記録を更新中の重賞レースだ。今週6日に阪神競馬場で行われるファンタジーS(G3)は、岩田望騎手にとって重賞初勝利の大チャンスかもしれない。

 まず、今週は川田将雅騎手・福永祐一騎手がアメリカのブリーダーズカップに騎乗するため不在となる。リーディング1位を独走中のC.ルメール騎手や、G1連勝で波に乗る横山武史騎手も東京競馬場での騎乗のため直接対決はない。

 加えて、ファンタジーSの登録頭数は10頭と、比較的小頭数でのレースとなることもライバルが少ないという点で好材料だ。

 今回騎乗するスリーパーダ(牝2歳、栗東・斉藤崇史厩舎)は岩田望騎手とは初めてのコンビとなる。新馬戦で1着、続く小倉2歳S(G3)では惜しくも2着であったが、重賞連対経験があることは頼もしい。かつてJRA最優秀3歳牝馬に輝いたシンハライトの半妹と、血統的にも期待したくなるところだ。

 一方で、懸念点もいくつかある。

JRA メロディーレーン有馬記念挑戦の立役者! 岩田望来「76連敗」初重賞へ、川田・福永不在で大チャンス到来か⁉のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合