NEW

JRA有馬記念(G1)エフフォーリア×タイトルホルダー×ステラヴェローチェら三銃士VS女王クロノジェネシス!? 秋G1総なめの可能性ある「新・黄金世代」

JRA有馬記念(G1)エフフォーリア×タイトルホルダー×ステラヴェローチェら三銃士VS女王クロノジェネシス!? 秋G1総なめの可能性ある「新・黄金世代」の画像1
ステラヴェローチェ 撮影:Ruriko.I

 3日、今秋の菊花賞(G1)で4着だったステラヴェローチェ(牡3歳、栗東・須貝尚介厩舎)が、年末の有馬記念(G1)を視野に入れていることがわかった。

 今年の牡馬クラシックを3着・3着・4着と好走したステラヴェローチェ。悲願のG1制覇へ、管理する須貝調教師が「年内に使うなら有馬記念」と発言したことから、年末のグランプリが大目標に浮上した。

 また今年の有馬記念には、先週の天皇賞・秋(G1)でコントレイル、グランアレグリアらを撃破した皐月賞馬エフフォーリアも出走を予定。菊花賞を勝ったタイトルホルダーも有馬記念出走を示唆しており、3歳トップクラスが再び激突する可能性が高まってきた。

 再び、「黄金」の時代が到来するのかもしれない。

 競馬界では突出した成績を残す同世代の馬が多数出現した際、彼らを「黄金世代」と呼ぶ風潮がある。

 もっとも有名なのは、大ヒット競馬アプリ『ウマ娘 プリティーダービー』(Cygames)で中心を務めるスペシャルウィークら1998年クラシック組だろう。

 日本ダービー馬スペシャルウィークを始め、そのスペシャルウィークを負かしてグランプリ3連覇を成し遂げたグラスワンダー、皐月賞、菊花賞の2冠馬セイウンスカイ、異例の長期遠征を敢行し凱旋門賞(仏G1)で世界の頂点にあと一歩と迫ったエルコンドルパサー……。

 1995年に生を受け、98年のクラシックを中心に戦いを繰り広げたこの世代を「最強世代」「競馬が最も面白かった時代」と評する競馬ファンは数多い。

 実際に『NumberWeb』(文藝春秋)で行われた『言わせろ!ナンバー』で「日本競馬の『最強世代』といえば何年生まれ組?」というお題に対し、彼ら1998年組は実に1/3にあたる33.3%の票を獲得。アグネスタキオン、クロフネ、ジャングルポケット、マンハッタンカフェら2001年組の約11%に大きく差をつけ、圧倒的な支持を得ている。

「『ウマ娘』が多くの競馬ファンに受け入れられたのは、やはりこの1998年クラシック組を中心にしたことが大きいと思います。

スペシャルウィークら主役級の他にも、統一マイラーのエアジハードや海外G1を2勝したアグネスワールド、統一ダート王のウイングアロー、世界的な良血馬だったキングヘイローなど、各カテゴリーで頂点に立つタレントが揃っており、実際にこの世代は当時あったG1を総なめにしています」(競馬記者)

 そんな1998年クラシック組が競馬界を席巻した時代から約20年、今年の3歳世代には「黄金世代」として伝説と化した、彼らに匹敵するだけの可能性が秘められている。

JRA有馬記念(G1)エフフォーリア×タイトルホルダー×ステラヴェローチェら三銃士VS女王クロノジェネシス!? 秋G1総なめの可能性ある「新・黄金世代」のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合