NEW

パチスロ「王道のモード移行システム」完全継承! 32G以内「天国ループ」が「ドキドキ!」の沖スロが6.2号機で再臨!!

【この記事のキーワード】, , ,

パチスロ「王道のモード移行システム」完全継承! 32G以内「天国ループ」が「ドキドキ!」の沖スロが6.2号機で再臨!!の画像1

 デュオ。それは二重奏やデュエット、二人組などの意味を持つ。ユニバーサルエンターテインメントグループのアクロスはこのほど、そんな単語をプラスした人気シリーズ最新タイトル『沖ドキ!DUO』の発売を発表。機種サイトとプロモーションムービーを公開した。

 初代『沖ドキ!(-30)』は5号機時代の2014年に登場した。2種類のボーナスはどちらも1G純増約3.0枚の疑似ボーナスで、ビッグは70G、REGは30G継続。ボーナス当選期待度及び天井は計8種類ある内部モードで管理され、天国以上への移行は32G以内の連チャンが確定するほか、ドキドキモード以上への移行は80%以上のボーナスループに期待できる。

 ボーナス中は予告音発生でチャンスを迎え、「カナちゃんランプ」点灯はビッグ1G連確定。ツボにハマった際の爆発力はかなりのもので、通常B以上狙いといった立ち回りも確立されたことから、沖スロの勢力図を塗り替えるほどの大ヒットを記録した。

 その後、『沖ドキ!トロピカル(-30)』『沖ドキ!バケーション(-30)』『沖ドキ!パラダイス(-30)』と続編がリリースされる中で、6号機としては『沖ドキ!2(-30)』が登場。ボーナス当選期待度や天井は計9種類ある内部モードで変化する正統後継機で、1Gあたりの純増枚数は約4.0枚までアップしている。

 冒頭で紹介した『沖ドキ!DUO』は、有利区間3,000Gに対応した6.2号機。その特性を活かすことで、王道のモード移行システム、32Gの天国ループ、ビッグの1G連、90%ループの超ドキドキモードといったシリーズお馴染みのゲーム性を踏襲しているという。

 また、新たな「ドキドキ!」として自力で天国モードが狙える1G限定の激アツゾーン「ドキハナチャンス」を搭載しているとのこと。ハイビスカスランプの点滅パターンがメインだったモード推測には、ボーナス終了後のミニ液晶による示唆も追加されたそうだ。

 加えて、筐体にはDUOの名に相応しく「カナちゃん」「ハナちゃん」のダブルランプを採用。2人が歌う新規楽曲も複数用意されているという。

 先日、公開されたユニバーサルエンターテインメント社員・リスキー長谷川氏のコラムによると、コイン50枚あたりのプレイゲーム数は平均31.4G、初当り確率は196.8分の1~255.6分の1だそうで、勝負感を前面に押し出した仕様とのこと。ユニメモによるデータ収集も可能だそうだ。

 まさしく、たくさんの「ドキドキ!」が詰まった一台。導入は12月を予定している。

【注目記事】

パチンコ「継続率約85%×ALL15R」のド派手スペック!? 万発も余裕で狙える傑作!!

激アツ「1/8192」フラグ搭載の新たな神マシンが見参!-新台分析パチスロ編

パチンコ「時短上乗せ」による強烈な連チャン性を実現…伝説の爆裂機シリーズ最終章

パチスロ「王道のモード移行システム」完全継承! 32G以内「天国ループ」が「ドキドキ!」の沖スロが6.2号機で再臨!!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合