NEW

JRAダノン軍団「真打ち」3億円ホース登場も川田将雅は心中複雑!? 相思相愛デビューのはずがアーモンドアイ調教師の“鶴の一声”でルメールに…

JRAダノン軍団「真打ち」3億円ホース登場も川田将雅は心中複雑!? 相思相愛デビューのはずがアーモンドアイ調教師の鶴の一声でルメールに…の画像1

 かつてアパパネ、アーモンドアイという2頭の三冠牝馬を手掛け、今秋の秋華賞(G1)をアカイトリノムスメで制した国枝栄厩舎が、今年も名馬誕生を予感させている。

 2019年のセレクトセールにて2億9000万円(税込み3億1320万円)で取引されたダノンギャラクシー(牡2歳)が、6日に東京競馬場で行われる新馬戦(芝2000m)でいよいよベールを脱ぐことが決まった。

 新馬戦を快勝し、先週の萩S(L)で2連勝を飾ったダノンスコーピオンが頭角を現すなど、早くも来年のクラシックに有望株を送り込みつつある「ダノン軍団」ことダノックス所有馬。昨年はダノンザキッドがホープフルS(G1)を勝つなど大きな注目を集めたが、今年もここで“真打ち”の登場となりそうだ。

「ドバイワールドC(G1)2着のトゥザヴィクトリーなど活躍馬を多数送り込んでいるフェアリードールの一族で、2013年のジャパンC(G1)で2着したデニムアンドルビーの全弟になります。

ただ、デニムアンドルビーは母ベネンシアドールの初仔でしたが、あれから9年が経過。他の兄弟ではマリーンC(G3)を勝ったラーゴブルーが走った程度で通常、高齢出産の仔馬は嫌われることが多いのですが、この馬は別格だったそうです。

全兄に新馬とすみれS(OP)を連勝して、皐月賞(G1)でも5着したキタノコマンドールがいますが、関係者は『それ以上の器』だとか。周囲の期待も非常に高いものがあります」(競馬記者)

 そんなダノンギャラクシーだが、当初は先週の天皇賞・秋(G1)当日の新馬戦でデビューする予定だった。しかし、追い切り内容に不満を抱いた国枝調教師の“鶴の一声”でデビュー戦が延期になったという。

「同年代の馬にも遅れるなど、もともと追い切りで動くタイプではないのかもしれませんが、時計はそれなりに出てはいましたよ。ただ、国枝調教師としては満足いかなかったようですね。まあ、これだけの高額馬ですから、デビュー戦で躓きたくはないのでしょう。

1週先延ばしにしたことで正直、目に見えて変わったということはありませんが、確実に良くはなっているとは思います。レースが楽しみですね」(別の記者)

JRAダノン軍団「真打ち」3億円ホース登場も川田将雅は心中複雑!? 相思相愛デビューのはずがアーモンドアイ調教師の鶴の一声でルメールに…の画像2

 陣営としては満を持してのデビューということになるが、これを素直に喜べないのが、騎乗予定だった川田将雅騎手ではないだろうか。

「実は当初、天皇賞・秋の日にデビューする際は、ダノン軍団のエース騎手でもある川田騎手が騎乗予定でした。しかし、1週延びてしまったことで、川田騎手は米国のブリーダーズCへ参戦することに……。代役として抜擢されたのが、C.ルメール騎手です。

陣営としては十分過ぎる代役ですが、川田騎手にとっては複雑でしょうね……。今年のダノン軍団の期待馬ですし、ルメール騎手が惚れ込んでしまわないことを祈るばかりといったころでしょうか」(同)

 ダノンギャラクシーを管理する国枝調教師とルメール騎手といえば、歴代最強牝馬といわれるアーモンドアイを手掛けた名コンビ。逆に川田騎手とのコンビは、ここ5年で17回しか実現しておらず、わずか4勝に終わっている。

 果たして、ダノン軍団の真打ちは無事に初陣を終えて、川田騎手の元へ戻ってくるのだろうか。そういった意味でも注目のデビュー戦になりそうだ。

(文=大村克之)

<著者プロフィール>
 稀代の逃亡者サイレンススズカに感銘を受け、競馬の世界にのめり込む。武豊騎手の逃げ馬がいれば、人気度外視で馬券購入。好きな馬は当然キタサンブラック、エイシンヒカリ、渋いところでトウケイヘイロー。週末36レース参加の皆勤賞を続けてきたが、最近は「ウマ娘」に入れ込んで失速気味の編集部所属ライター。

JRAダノン軍団「真打ち」3億円ホース登場も川田将雅は心中複雑!? 相思相愛デビューのはずがアーモンドアイ調教師の“鶴の一声”でルメールに…のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  2. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  3. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  4. JRA武豊アリーヴォ「ポツン騎乗」のなぜ!? 宝塚記念(G1)ドゥラメンテ産駒2頭で分かれた明暗…レジェンドも危惧した「嫌な予感」が的中か
  5. 【帝王賞(G1)展望】テーオーケインズVSオメガパフュームVSチュウワウィザード!注目「上半期のダート頂上決戦」は実力伯仲の三つ巴!
  6. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  7. JRA「勝ち馬が強かった」川田将雅、武豊、福永祐一もお手上げ!? “伝説の新馬戦” を制したC.ルメールは「いい勉強になりました」と余裕綽々
  8. JRA「弾けました」低評価を覆す豪脚一閃で先行勢を一掃! 宝塚記念(G1)激走、故・岡田繁幸さん素質見抜いた「逆輸入」種牡馬にブレイクの予感
  9. 池添謙一「圧勝ムード」からノーステッキで逆転負け…「単勝1.8倍」敗戦にファンから疑問の声
  10. JRA宝塚記念(G1)麒麟・川島明が「20万円超」払い戻しで有終の美!ファンからは京都競馬場の「改修工事」に恨み節も!?