NEW

激アマ仕様の『ミリオンゴッド』シリーズ!? パチスロでの爆裂を彷彿させる衝撃作!!

【この記事のキーワード】, ,

激アマ仕様の『ミリオンゴッド』シリーズ!? パチスロでの爆裂を彷彿させる衝撃作!!の画像1

 これまで数多く登場してきたパチンコ・パチスロ台の中から、個人的に印象に残っているマシンを取り上げる本コラム。今回は屈指の爆裂タイトル『ミリオンゴッド』シリーズの中で、異彩を放っていたマシンをご紹介しましょう。

 同シリーズといえば、初代『ミリオンゴッド』をはじめ『ミリオンゴッド~神々の系譜~』、や『ミリオンゴッド-神々の凱旋-』といった後継機が、高い爆発力を武器に活躍していました。

 また、冥王ハーデスをメインに捉えた『アナザーゴッドハーデス‐奪われたZEUSver.‐』も、絶大な人気を誇っていたマシンであることはご存じの通りです。これまであがった万枚報告は数知れず。中には一撃3万枚達成者が現れるなど、シリーズ屈指の爆発力でユーザーの心を鷲掴みにしました。

【注目/パチンコ「約2250発ループ」と多彩な演出で魅了…人気シリーズの礎を築いた初代マシン!!】

 ただ、これらはパチスロでのお話。私が今回ご紹介するのは「パチンコ」として登場した冥王『CRアナザーゴッドハーデス アドベント』でございます。

 同シリーズにおけるパチンコの評価は厳しい印象ですが、本機の場合は例外といっても過言ではありません。少なくとも私は、高い出玉性能に度肝を抜かれました。

 本機の存在を知ったのは、友人から聞いた「今度のゴッドは、ボーダー13~14回らしいぞ」という衝撃の一言がきっかけでした。基本的にデジパチは、千円あたり20回転前後がボーダーとなるのが一般的。それを考慮すれば、13~14回がどれだけ異常な数値かお分かりいただけるでしょう。

 あまりに常識離れした話だったので、最初は友人の言葉を信じることができませんでした。しかし、実際に攻略雑誌や専門サイトを確認してみると、それに近い数値で紹介されていた…本当に驚いたのを覚えています。

 色々と調べていると、本機の大当り抽選はヘソではなくクルーン入賞で行われていることを知りました。通常時は「ジャッジメントクルーン」と呼ばれる役物へ玉を入賞させ、そこから3つの穴のうち奥2つのいずれかに入れば大当り抽選を受けられる仕組みです。

 具体的には手前の穴が「ハズレ」で、右奥が特図1抽選、左奥が特図2抽選となります。ギミックを介した入賞ルートだからこそ、ボーダーが低めになっているのでしょう。

「相当尖ったスペックなんだろう」と期待して詳細を見てみると、大当り確率1/319.7で確変率65%というオーソドックスな確変ループタイプ。「こんな王道スペックなのに、どうしてボーダー低いんだ?」と疑問に思ったのですが…。

 更に詳細を調べてみると、爆発力に満ち溢れた『ミリオンゴッド』シリーズの名に相応しい超強力スペックであることが分かったのです。

激アマ仕様の『ミリオンゴッド』シリーズ!? パチスロでの爆裂を彷彿させる衝撃作!!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合