NEW

JRA 川田将雅、グレナディアガーズをまさかの「ポイ捨て」!? マイルCS騎乗馬「板挟み」でダノンザキッドを選んだ事情

【この記事のキーワード】, ,

 今月21日に阪神競馬場で、秋のマイル王を決めるマイルCS(G1)が行われる。同レースには昨年の覇者グランアレグリア、今年のNHKマイルC(G1)のシュネルマイスターらが出走を予定している。

 そして、その2頭と同じサンデーレーシング所属馬のグレナディアガーズ(牡3歳、栗東・中内田充正厩舎)もマイルCSへ出走する見込みだ。

 グレナディアガーズは昨年の朝日杯FS(G1)を制し、2歳マイル王に輝いた。今年は4戦して未勝利だが、全て3着以内にまとめている安定感が持ち味。また、同馬のこれまでのレース全てで川田将雅騎手が騎乗してきたことが特徴として挙げられる。

 しかし、『スポーツ報知』によると今回のグレナディアガーズの鞍上は池添謙一騎手が予定されているとのこと。これまでコンビを組み続けていた川田騎手とのコンビは解消になることが確実視されている。

 川田騎手は6日に行われる米国のブリーダーズCで騎乗するので、翌週のエリザベス女王杯(G1)は新型コロナウイルスによる待機期間の都合上騎乗できない。ただ、指定のワクチン接種等を済ますなどの条件を満たせば、待機期間は10日で終了となるため、日程的にはマイルCSへ騎乗することは可能だが……。

「グレナディアガーズ同様これまで全レース川田騎手が騎乗してきたダノンザキッド(牡3歳、栗東・安田隆行厩舎)もマイルCSへ出走予定です。

そして、川田騎手はダノンザキッドの方へ騎乗する予定です」(競馬記者)

 ダノンザキッドは昨年ホープフルS(G1)を勝ち、グレナディアガーズと同じく2歳G1を制した実力馬だ。一時はクラシック最有力候補にまで上がったが、今年の春2戦はいずれも敗れ、その後は骨折が判明して約半年休養。先月の富士S(G2)で復帰したが、4着に敗れている。

 グレナディアガーズはマイルを続けて使われているため、前走が初のマイル戦だったダノンザキッドよりマイルCSで好走する可能性が高いと考えられる。川田騎手がダノンザキッドを選んだ真意は何なのだろうか。

JRA 川田将雅、グレナディアガーズをまさかの「ポイ捨て」!? マイルCS騎乗馬「板挟み」でダノンザキッドを選んだ事情のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 3年間「未勝利馬」が武豊に替わって7馬身差圧勝…かつての関西ホープ騎手に突き付けられた「厳しい現実」
  2. JRA“イジメ”のような神展開に霜降り明星・粗品ブチ切れ確実!? これぞ「逆神」たる所以か…狙い通りの単騎逃げ成功も、まさかの1、2番人気強襲で撃沈
  3. 「ルールですので仕方ありませんが……」現役JRA騎手も警鐘を鳴らす現行ルールの欠陥!? 陣営も頭を悩ます「除外ラッシュ」の真相
  4. JRA【根岸S(G3)展望】「12戦0勝」武豊、連勝中ヘリオスで初制覇の大チャンスも…「6連勝中」の超新星クロパラントゥは除外が濃厚
  5. JRA川田将雅「ロケットスタート」でもシルバーコレクター濃厚!? 4度目の正直に立ちはだかる天敵のモデルチェンジ
  6. JRA【AJCC(G2)予想】川田将雅×ポタジェは即消し! C.ルメールに「不安あり」なら「あの穴馬」が絶好の狙い目!
  7. JRA 「相手が悪かったかな」武豊も脱帽した怪物ダート馬がまたも登場!? 馬主は「2週連続」大物引き当てる強運の持ち主
  8. JRA「僕にとって初」人馬揃って晩成タイプ!? 乗り替わりでG1勝たれた苦労人から意外過ぎるコメント、デビュー「26年目」でようやく手にした殊勲星
  9. JRA「自死」後藤浩輝氏に続き吉田豊騎手が……「木刀事件」で”因縁”の相手と同じ頸椎骨折を藤田伸二元騎手も心配
  10. JRA「またも」落馬事故で横山武史が病院搬送……藤田菜七子、戸崎圭太、三浦皇成ら関東スター騎手の相次ぐ“悲劇”にファンも心配