NEW

JRA「M.デムーロ×マイネル軍団」で勝負気配⁉︎ アルゼンチン共和国杯(G2)父スクリーンヒーローの背中を知る名手が父子制覇へ!

JRA 「M.デムーロ×マイネル軍団」で勝負気配⁉︎ アルゼンチン共和国杯(G2)父スクリーンヒーローの背中を知る名手が父子制覇へ!の画像1

 先週、アルテミスS(G3)をサークルオブライフで制し、JRA重賞100勝を達成したM.デムーロ騎手。日本の競馬ファンには古くから馴染みがある外国人騎手の1人で、歴代の名馬にも多く騎乗しており、幾度となく勝利を重ねてきた。

 そんなデムーロ騎手は今週末、東京競馬場で行われるアルゼンチン共和国杯(G2)にマイネルウィルトス(牡5、栗東・宮徹厩舎)に騎乗する。マイネル軍団とデムーロ騎手といえば、新潟記念(G3)のマイネルファンロンでの勝利が記憶に新しい。

 レースでは、最後方からの競馬。新潟外回りの最後の長い直線では、大外のラチ沿いを回して他馬をごぼう抜き。単勝40倍台と低評価だったが、鮮やかな差し切り勝ちを飾った。

 また、オークス(G1)を勝利したユーバーレーベンも冠名こそマイネルではないが、同じサラブレッドクラブ・ラフィアン所有の馬だ。この時も今年3月に亡くなったマイネル軍団の総帥・岡田繁幸氏に捧げるクラシック初制覇となり、ここ一番での勝負強さをみせた。

 今年、マイネル軍団が重賞でデムーロ騎手を起用した場合、成績は(2-0-1-2/5)で勝率40%、複勝率60%と1番人気に1度も騎乗していないことを考えれば優秀な結果を残している。
 
 マイネルウィルトスの父スクリーンヒーローは、アルゼンチン共和国杯の勝ち馬でもある。そしてこのレースを勝った後、デムーロ騎手がジャパンC(G1)で勝利に導いた事も競馬ファンの知るところだろう。

 今回がデビュー30戦目で初の府中の舞台に立つマイネルウィルトスは、全10場走破と節目のレースとなる。3走前の福島民報杯(L)では、極悪馬場のなか圧巻の大差勝ち。一時は凱旋門賞(G1)へのプランも挙がった。その後は函館記念で8着、札幌記念では4着と負けはしたが、それほど着差はなく、まだ重賞で力負けしているとは言い切れない。

 今回2500mの長距離は初という事もあり、未知なる適性が開花する可能性も十分にある。現在『netkeiba.com』の想定オッズでは4番人気と、それなりに妙味もありそうだ。

 父スクリーンヒーローと同様にアルゼンチン共和国杯で重賞初制覇を成し遂げ、そしてその先の大きな舞台に進むことができるのか。レース発走は7日(日)15時35分の予定だ。

(文=ハイキック熊田)

<著者プロフィール>
ウオッカ全盛期に競馬と出会い、そこからドハマり。10年かけて休日を利用して中央競馬の全ての競馬場を旅打ち達成。馬券は穴馬からの単勝・馬連で勝負。日々データ分析や情報収集を行う「馬券研究」三昧。女性扱いはからっきし下手だが、牝馬限定戦は得意?

JRA「M.デムーロ×マイネル軍団」で勝負気配⁉︎ アルゼンチン共和国杯(G2)父スクリーンヒーローの背中を知る名手が父子制覇へ!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 3年間「未勝利馬」が武豊に替わって7馬身差圧勝…かつての関西ホープ騎手に突き付けられた「厳しい現実」
  2. JRA“イジメ”のような神展開に霜降り明星・粗品ブチ切れ確実!? これぞ「逆神」たる所以か…狙い通りの単騎逃げ成功も、まさかの1、2番人気強襲で撃沈
  3. 「ルールですので仕方ありませんが……」現役JRA騎手も警鐘を鳴らす現行ルールの欠陥!? 陣営も頭を悩ます「除外ラッシュ」の真相
  4. JRA【根岸S(G3)展望】「12戦0勝」武豊、連勝中ヘリオスで初制覇の大チャンスも…「6連勝中」の超新星クロパラントゥは除外が濃厚
  5. JRA川田将雅「ロケットスタート」でもシルバーコレクター濃厚!? 4度目の正直に立ちはだかる天敵のモデルチェンジ
  6. JRA【AJCC(G2)予想】川田将雅×ポタジェは即消し! C.ルメールに「不安あり」なら「あの穴馬」が絶好の狙い目!
  7. JRA「僕にとって初」人馬揃って晩成タイプ!? 乗り替わりでG1勝たれた苦労人から意外過ぎるコメント、デビュー「26年目」でようやく手にした殊勲星
  8. JRA 「相手が悪かったかな」武豊も脱帽した怪物ダート馬がまたも登場!? 馬主は「2週連続」大物引き当てる強運の持ち主
  9. JRAシルクロードS(G3)「持ってる男」池添謙一メイケイエール決定はわずか5分!? 武豊、横山典弘でも乗りこなせなかった「癖馬」との仰天エピソード
  10. JRA「自死」後藤浩輝氏に続き吉田豊騎手が……「木刀事件」で”因縁”の相手と同じ頸椎骨折を藤田伸二元騎手も心配