NEW

JRAで馬券発売なら「大混乱」米ブリーダーズC初日に前代未聞の事態!? 「出走取消馬」が優勝の摩訶不思議に大ブーイング

【この記事のキーワード】, ,

JRAで馬券発売されていたら……「大混乱」ブリーダーズC初日に前代未聞の事態!? 「出走取消馬」が優勝の摩訶不思議に大ブーイングの画像1

 現地時間5日(金)にアメリカ・カリフォルニア州のデルマー競馬場で開幕したブリーダーズC。その初日に前代未聞の事態が発生したという。

 この日に行われたのは2歳馬によるG1・4レースなど。そのフィナーレを飾ったのは、ジュベナイルターフという芝1600mのレースだった。

 このレースでは2頭が発走前に出走取消となったが、なんとそのうちの1頭が優勝するという異例の出来事が起こってしまった。

 BC主催者によると、事の発端はスタート直前に発生したという。まず、2番枠のアルバーがゲート内で暴れ、前脚をゲートに引っ掛けてしまう。ゲート内に座り込んでしまったアルバーはこの際に負傷してしまい、出走取消となってしまった。

 このあおりを受けたのがすぐ隣の1番枠にいた同じC.アップルビー厩舎のモダンゲームズだった。混乱を回避するため、係員によって前扉が開けられると、モダンゲームズはゲートを飛び出したという。

 その数分後にはモダンゲームズの出走取消が場内にアナウンスされた。しかし、後にこれが混乱の元となってしまう。

 出走は取り消しとなったものの、なぜかモダンゲームズは再びゲートの中に……。なんと賞金のためだけに走ることが許されるという異例の判断が下ったという。

 15分以上遅れての発走となったジュベナイルターフ。レースに勝ったのはなんと出走取消扱いとなったモダンゲームズだった。2着に1馬身半差をつける完勝だったが、場内にはブーイングが鳴り響いた。

 怒りの声を上げたのはモダンゲームズ絡みの馬券を握りしめていたファンだろう。文句なしの優勝だったが、出走取消扱いとなっているモダンゲームズ絡みの馬券はもちろん返還対象。陣営は1着賞金を手にしたというが、多くのファンは納得できないのは容易に想像がつく。

「現地の報道によると、どうやらモダンゲームズの状態を診た獣医師が、出走取消の判断を急ぎすぎたようです。場内にもアナウンスが流れ、ブックメーカーもモダンゲームズを出走取消としました。

ただし、対応は一律ではないようで、例えばあるブックメーカーは投票された時間帯によっては1着をモダンゲームズとして払い戻す決定を下したとか。とにかく、現地はまだ混乱が収拾していないようですね。このレースがJRAで発売されていなくて本当に良かったですよ(苦笑)」(競馬誌ライター)

 BCの2日目にはラヴズオンリーユー、ヴァンドギャルドら日本の期待馬も登場する。日本国内の注目度もアップするため、混乱なく無事に開催されることを祈りたい。

(文=中川大河)

<著者プロフィール>
 競馬ブーム真っただ中の1990年代前半に競馬に出会う。ダビスタの影響で血統好きだが、最近は追い切りとパドックを重視。

JRAで馬券発売なら「大混乱」米ブリーダーズC初日に前代未聞の事態!? 「出走取消馬」が優勝の摩訶不思議に大ブーイングのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA日本ダービー(G1)「回避」名伯楽“秘蔵っ子”が戦列にカムバック! エフフォーリア「強奪未遂」C.ルメールに訪れた悲しき顛末
  2. JRAトウカイテイオー「最後の希望」に超良血牝馬!? 関係者から「正直、勿体ないレベル」という声も…皇帝・帝王の系譜が奇跡の復活へ
  3. 元JRA藤田伸二氏「制裁がなかったらおかしい」名指し批判!? ソダシ吉田隼人は大絶賛も…“槍玉”に挙げられた意外な騎手
  4. JRA武豊、金子真人オーナーも見誤った「18冠ベビー」たち…アーモンドアイ×モーリス「15冠」を超える大物の冴えない現状
  5. JRAオークス(G1)今週も続く「前残り警報」はノーマーク厳禁! 18番人気でも残れた超スローの元凶…「消極騎乗」不可避で絶対に狙いたいアノ馬
  6. JRA北村友一、横山一家と「全面戦争」勃発か…浦島状態がもたらした「立ち位置」の変化と大き過ぎた代償
  7. JRAオークス(G1)武豊「まともだったらひょっとした」のモヤモヤから14年…「普通のレースなら文句なしに降着」とまで言われた池添謙一の大斜行
  8. JRA武豊「痛かった」C.ルメール「信じられない」致命的な不利に審議も制裁もなし、ソダシ快勝の裏で被害者大量発生……あの騎手の「危険騎乗」に恨み節続々
  9. JRA武豊「繰り返しの愚行」がダービーVサイン!? スペシャルウィーク、アドマイヤベガ、「僕は帰ってきました」発言キズナに共通していたもの
  10. JRAオークス(G1)「負け組脱出」の第一歩は悩むより迅速な決断…川田将雅、C.ルメールが乗り替わり、「万馬券」の決め手は常識にとらわれないこと