NEW

JRA【武蔵野S(G3)展望】ソリストサンダー、ヒロシゲゴールドら南部杯組が中心!バスラットレオンは初ダートで不気味

JRA【武蔵野S(G3】展望】ソリストサンダー、ヒロシゲゴールドら南部杯組が中心!バスラットレオンは初ダートで不気味の画像1

 13日、東京競馬場ではチャンピオンズC(G1)の前哨戦、武蔵野S(G3)が行われる。今年は南部杯(G1)の上位組が有力視されるが、過去10年で前走が同レースからの組は「1-3-0-13」ともうひとつ。全幅の信頼は置かない方が良さそうだ。

 まず注目したいのは南部杯3着だったソリストサンダー(牡6歳、栗東・高柳大輔厩舎)。昨年もこのレースに出走し、11番人気で2着に好走。三連単20万円超えの立役者となった。

 その後は58kgを背負った門司S(OP)を完勝。フェブラリーS(G1)に挑戦したが、さすがにG1ではまだ荷が重く、8着に敗れた。

 一息入れて向かったかしわ記念(G1)では、先に抜け出したカジノフォンテンを捉えきれずハナ差の2着。夏にはエルムS(G3)で10着に敗れたが、前走3着とここにきて再び上昇ムードを漂わせている。

 現状は左回りの1600mがベストで、ここならまず大崩れすることはないだろう。このレース通算2勝の戸崎圭太騎手を鞍上に、待望の重賞初制覇はなるか。

 南部杯2着のヒロシゲゴールド(牡6歳、栗東・北出成人厩舎)は1200mを中心に使われてきたが、前走は見事に距離の不安を払拭。マイル戦でも十分通用するところを見せた。

 その前走はJRA勢で最も人気薄の7番人気だったが、いつも通りの先行策でソリストサンダーとの2着争いを制した。

 道中は逃げ馬と並走する形で外の2番手を追走。4コーナー手前で押し出されるように先頭に立つと、外からアルクトスには交わされたが、直線粘り強さを見せた。

 東京ダートのマイル戦は差し馬有利とされるコースだが、ここでも積極的な競馬で見せ場を作ることはできるか。

 鞍上は前走に続き3度目のコンビとなる亀田温心騎手。今年レイハリアで重賞を2勝した3年目の若武者は、10月に月間8勝の固め打ちを見せ、目下絶好調。JRAのダート重賞はこれが3度目挑戦で、芝に続いてダートでも重賞Vを狙う。

JRA【武蔵野S(G3)展望】ソリストサンダー、ヒロシゲゴールドら南部杯組が中心!バスラットレオンは初ダートで不気味のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合