NEW

JRA吉田隼人、エリザベス女王杯(G1)で逆襲なるか。ソダシ、ステラヴェローチェ「G1連続裏切り」であとがない崖っぷち⁉

JRA吉田隼人、エリザベス女王杯(G1)で逆襲なるか。ソダシ、ステラヴェローチェ「G1連続裏切り」であとがない崖っぷち⁉の画像1
吉田隼人騎手 撮影:Ruriko.I

 今年の春のG1シリーズで大活躍だった吉田隼人騎手だが、秋のG1シリーズでは競馬ファンを裏切る形が続いている。

 先月17日の秋華賞(G1)ではダントツ1番人気のソダシに騎乗したが、スタート前のゲート内で歯を負傷するなど、いつもの伸びが見られず10着と大敗。

 さらに先月24日に行われた菊花賞(G1)では、2番人気のステラヴェローチェに騎乗した吉田騎手。レースではいつも通り後方待機策から様子を伺い、3コーナーあたりから徐々に進出を開始。最後の直線では鞍上のGOサインに応えて上がり最速の脚で先頭のタイトルホルダーを追ったが、届かず。2、3着争いにも競り負け、4着と馬券外となってしまった。

 そんな吉田騎手だが、エリザベス女王杯(G1)ではランブリングアレー(牝5、栗東・友道康夫厩舎)に騎乗予定だ。

 3歳時はフラワーC(G3)で3着に入るもクラシック路線には乗れず、昨年は自己条件をコツコツ勝ちあがった。今年に入り中山牝馬S(G3)で重賞初制覇を果たし、その勢いのまま参戦したヴィクトリアマイル(G1)では勝ち馬グランアレグリアには離されたが、2着と波乱を演出した。

 夏は休養にあて、前走のオールカマー(G2)は7着と叩き台とすれば悪くない内容だった。前走時は戸崎圭太騎手が騎乗しているが、これは吉田騎手が同日中京で行われた神戸新聞杯(G2)のステラヴェローチェに騎乗したためだ。本番は吉田騎手が再び手綱を任された。上位人気になる可能性は低く、今回は気楽な立場で乗ることが出来るだろう。

 吉田騎手にはわかりやすいデータがあり、芝G1騎乗時では1~4枠では(3-2-3-25/33)に対し、5~8枠では(0-2-2-26/30)と真ん中より外枠だと過去に勝利がない。ランブリングアレーが穴人気となるのは間違いなさそうだが、真ん中より内枠だと頭まであるという事も馬券の念頭に置いておきたいところだ。

 今やトップジョッキーの仲間入りを果たした吉田騎手は、重賞でも人気馬に乗ることも多い。その分、現在のように人気を裏切ってしまいバッシングを受けることもあるが、これぞ人気騎手の宿命といえるだろう。汚名返上の逆襲を虎視眈々と狙っているはずだ、エリザベス女王杯での「倍返し」に期待しよう。

(文=ハイキック熊田)

<著者プロフィール>
ウオッカ全盛期に競馬と出会い、そこからドハマり。10年かけて休日を利用して中央競馬の全ての競馬場を旅打ち達成。馬券は穴馬からの単勝・馬連で勝負。日々データ分析や情報収集を行う「馬券研究」三昧。女性扱いはからっきし下手だが、牝馬限定戦は得意?

JRA吉田隼人、エリザベス女王杯(G1)で逆襲なるか。ソダシ、ステラヴェローチェ「G1連続裏切り」であとがない崖っぷち⁉のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合