NEW

フジテレビ『みんなのKEIBA』また放送事故で大ブーイング!? アルゼンチン共和国杯(G2)で大物実況アナの勘違い…1番人気オーソリティの不安煽る?

フジテレビ『みんなのKEIBA』また誤報で大ブーイング!? アルゼンチン共和国杯(G2)で大物実況アナの勘違い…1番人気オーソリティの不安煽る?の画像1

 7日、東京競馬場で行われたアルゼンチン共和国杯(G2)は、1番人気のオーソリティ(牡4歳、美浦・木村哲也厩舎)が57.5kgのトップハンデを跳ね返す勝利。1983年のミナガワマンナ以来38年ぶり、史上3頭目となる連覇を達成した。

「道中、流れが遅くても冷静に走ってくれました。向正面でいいポジション(4番手)を取れたので勝つ自信あったね」

 レース後、そう冷静に振り返ったC.ルメール騎手。最後は後方から追い上げたマイネルウィルトスに2馬身半差をつける圧勝だったが、過去10年で最も遅いペースで、1番人気馬が楽に好位を追走できた時点で勝負あったか。誰もが納得するルメール騎手の好騎乗だった。

 ただ、その一方、レースを見守ったファンを混乱させてしまったのが、日曜の競馬中継でお馴染みの『みんなのKEIBA』(フジテレビ系)だったようだ。

「間もなく先頭が前半の1000mを通過する」

 レースが向正面に入った際、そう告げたのが実況を担当したフジテレビの倉田大誠アナだった。昨年の天皇賞・秋(G1)や今年の安田記念(G1)でも実況を担当するなど、競馬ファンにとってもお馴染みアナウンサーだが、この日は何故かいつもの冷静さを欠いてしまったのかもしれない。

 逃げたボスジラが間もなく1000mを通過しようとした際「前半の1000m通過は1分を切っています」と切り出した倉田アナ。さらに「今年はそこまでスローになっていない」と、1番人気オーソリティや2番人気アンティシペイトら先団を形成した馬たちを応援する視聴者へ警鐘を鳴らしている。

 ところが、そこからわずか数秒後、突如「1000mの通過は63秒4でした」と事後報告。それも1000m通過63秒4といえば、超が付くほどのスローペースである。

 そんな“手のひら返し”もあって、レースは4番手を追走したオーソリティが楽に抜け出して勝利。一時、肝を冷やした競馬ファンも胸を撫で下ろす平穏決着となった。

 ただ、レース後には『みんなのKEIBA』を見ていたであろう競馬ファンからSNSや掲示板などで「結局、スローだったの?」「実況がよくわからなかった」と疑問の声が続々……。

 中には「これだからフジは信用できない」「間違ったんなら謝罪してくれ」という厳しい声もあった。

フジテレビ『みんなのKEIBA』また放送事故で大ブーイング!? アルゼンチン共和国杯(G2)で大物実況アナの勘違い…1番人気オーソリティの不安煽る?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合