NEW

JRA「低レベル」ジャパンC(G1)も油断大敵!? もう負けられないコントレイルに風雲急を告げる刺客

【この記事のキーワード】, ,

JRAコントレイル「低レベル」ジャパンC(G1)に安心も油断大敵!? 風雲急を告げる刺客の登場で安泰ムード消し飛んだ?の画像1

 先週末、ラヴズオンリーユーとマルシュロレーヌの活躍で日本調教馬による初のブリーダーズC(G1)制覇の偉業を達成した関西の名門・矢作芳人厩舎。

 国際派トレーナーである矢作師の慧眼もさることながら、それぞれを勝利へと導いた川田将雅騎手、O.マーフィー騎手の好騎乗もあった。厩舎スタッフ一同で手に入れた快挙には、“厩舎力” の素晴らしさも光る歴史的瞬間だった。

 だが、1日で米G1を2勝と飛ぶ鳥を落とす勢いを見せつつも、青写真通りに事が運んでいないのが厩舎の看板馬であるはずのコントレイル(牡5、栗東・矢作芳人厩舎)だ。

 昨年は父ディープインパクト以来となる無敗でクラシック三冠のタイトルを手に入れた名馬ながら、同年の牝馬三冠馬デアリングタクトと挑んだジャパンC(G1)でアーモンドアイの前に完敗。史上初となる牡馬の三冠馬が年度代表馬の座を奪われるという屈辱も味わった。

 コントレイルという馬に付きまとうのは、やはり「ツキがない」というイメージだ。

JRAコントレイル「低レベル」ジャパンC(G1)に安心も油断大敵!? 風雲急を告げる刺客の登場で安泰ムード消し飛んだ?の画像2

 これまでの敗戦を振り返っても、ジャパンCは香港遠征から予定変更でアーモンドアイが参戦。大阪杯(G1)は突然集中した降雨により苦手の重に悪化した馬場で不完全燃焼となり、秋の天皇賞(G1)では3歳馬エフフォーリアに勝利を阻まれた。これらについては同情したくなる余地も残されている。

 勿論、コントレイルにこれらを跳ね返せるだけのポテンシャルの高さがあれば、杞憂に終わったかもしれないが、有馬記念(G1)や春の天皇賞(G1)を回避するなどして徹底的に苦手な条件から目を逸らした結果だけに、過去の三冠馬と比べるとどことなく“カッコ悪い”印象が拭い切れないことも確かである。

 そんな「不運の名馬」がついにラストランを迎えるジャパンCの舞台は、これまでと異なってむしろ超幸運が訪れたといえるだろう。何しろこれまで敗れた相手であるアーモンドアイはすでに引退。レイパパレはエリザベス女王杯に出走し、エフフォーリアの次走も有馬記念と発表されたからだ。

 ジャパンCは国際レースとはいえ、近年の外国馬はとりあえず参加したというクラスの馬も多かった。年々その価値は低下する一方で、2019年にはついに外国馬の出走がゼロという憂き目にもあった。

 それだけに是が非でも有終の美を飾りたいコントレイル陣営にとっては、強敵のいない低レベルのジャパンCは「絶対に負けられない」レースとなる。怖い存在がいるとすれば、日本ダービー(G1)でエフフォーリアを倒した3歳馬シャフリヤールくらいか。

 ただ、あのときは鞍上である福永祐一騎手の神騎乗による援護射撃も大きかった。今回はその福永騎手がコントレイルなら戦力低下は避けられない。

JRA「低レベル」ジャパンC(G1)も油断大敵!? もう負けられないコントレイルに風雲急を告げる刺客のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 3年間「未勝利馬」が武豊に替わって7馬身差圧勝…かつての関西ホープ騎手に突き付けられた「厳しい現実」
  2. JRA“イジメ”のような神展開に霜降り明星・粗品ブチ切れ確実!? これぞ「逆神」たる所以か…狙い通りの単騎逃げ成功も、まさかの1、2番人気強襲で撃沈
  3. 「ルールですので仕方ありませんが……」現役JRA騎手も警鐘を鳴らす現行ルールの欠陥!? 陣営も頭を悩ます「除外ラッシュ」の真相
  4. JRA【根岸S(G3)展望】「12戦0勝」武豊、連勝中ヘリオスで初制覇の大チャンスも…「6連勝中」の超新星クロパラントゥは除外が濃厚
  5. JRA川田将雅「ロケットスタート」でもシルバーコレクター濃厚!? 4度目の正直に立ちはだかる天敵のモデルチェンジ
  6. JRA【AJCC(G2)予想】川田将雅×ポタジェは即消し! C.ルメールに「不安あり」なら「あの穴馬」が絶好の狙い目!
  7. JRA「僕にとって初」人馬揃って晩成タイプ!? 乗り替わりでG1勝たれた苦労人から意外過ぎるコメント、デビュー「26年目」でようやく手にした殊勲星
  8. JRA 「相手が悪かったかな」武豊も脱帽した怪物ダート馬がまたも登場!? 馬主は「2週連続」大物引き当てる強運の持ち主
  9. JRAシルクロードS(G3)「持ってる男」池添謙一メイケイエール決定はわずか5分!? 武豊、横山典弘でも乗りこなせなかった「癖馬」との仰天エピソード
  10. JRA「自死」後藤浩輝氏に続き吉田豊騎手が……「木刀事件」で”因縁”の相手と同じ頸椎骨折を藤田伸二元騎手も心配