NEW

JRA Dr.コパ氏「阪神からの帰り遠いなぁ」楽しい競馬観戦が悲劇に!? 苦労人騎手「申し訳ありません」の真相

【この記事のキーワード】, ,

 6日、阪神競馬場で行われた12Rの3歳上2勝クラスは、池添謙一騎手の7番人気アーマーバローズが勝利。前走で最下位15着に沈んだ馬がリベンジの一戦で雪辱を晴らした。

 一方、このレースでよもやの殿負けを喫してしまったのが、嶋田純次騎手の2番人気キモンブラウン(牝3歳、美浦・手塚貴久厩舎)だ。

 16頭立てのダート1200m戦。8枠15番の外枠からスタートしたキモンブラウンは、まずまずのスタートを切ったが、無理には行かず。左隣のアーマーバローズを先へ行かせて4番手に控える。

 レースは前半600m通過35秒5の平均ペースで流れ、嶋田騎手は無理に急かさず3番手での追走を選択。その間に外からエスケーアタランタが位置を上げていき、キモンブラウンは外から被せられる形に……。

 それでもキモンブラウンは怯むことなく、好位3、4番手で最終コーナーを回って直線へ。満を持して嶋田騎手が追い出したものの、先行粘り込みが持ち味の馬にもかかわらずズルズルと後退。2番手から抜け出した馬が勝ち、逃げた馬も3着に粘った先行有利な展開のなか、不可解にも最下位に惨敗してしまった。

「キモンブラウンは、これまでのキャリア7戦で5度も逃げている快速馬ですが、スタートの速かったヴァカボンドにハナを譲りました。

ただ、前走もこの馬の2番手で好走していたように、逃げられなかったことだけが凡走の理由というわけでもなさそうです。

少し気になったのは勝負所で外から後続馬に来られて、内へ入ってしまったことでしょうか。エアアルマスなどもそうですが、砂を被ると極端に嫌がる馬も珍しくはありません。

キモンブラウンは前走で控えた競馬をしていますが、好位の外目を追走していたため、砂を被っていません。ダートのレースで逃げなかったのは前走だけでしたから、嶋田騎手からすれば想定外だったかもしれません」(競馬記者)

 嶋田騎手はレース後「前の2頭が速かったのもありますが、砂を被る形でいつもの走りをさせてあげられませんでした。申し訳ありません」と、自身が考える敗因についてコメントしていたことから、思い当たる節が何かしらあったのかもしれない。

JRA Dr.コパ氏「阪神からの帰り遠いなぁ」楽しい競馬観戦が悲劇に!? 苦労人騎手「申し訳ありません」の真相のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊「最年少G1制覇」超えも視野、大胆騎乗に関係者からも絶賛の嵐…「ゴールデンルーキー」今村聖奈はなぜこれほどの感動を呼んだのか
  2. JRA C.スミヨン「入線後」の斜行でも12日間の騎乗停止! 過去には武豊とも一悶着…イギリスでやらかした「お粗末騎乗」にファンも納得?
  3. JRA単勝1.9倍「幻の桜花賞馬」が痛恨の敗戦……川田将雅×中内田充正厩舎「黄金コンビ」に続く秋華賞(G1)制覇の試練
  4. JRA今年もC.ルメールに巡ってきた国枝栄厩舎の世代No.1、恩師の想いを背に今度こそ「ダービー予約」を現実に?
  5. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  6. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  7. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  8. JRA【プロキオンS(G3)展望】G1で2着の「2億円馬」が三度目の正直!? ダートで覚醒へ、オルフェーヴル産駒ラーゴムにも注目!
  9. JRA福永祐一が「すぐに勝てる」と評した相手に大楽勝、新種牡馬グレーターロンドン産駒が圧巻デビュー…「追い通し」サバイバル制した実力にG1獲りの期待
  10. JRA今村聖奈「裸同然」48キロのレコードV! 女性騎手として重賞初体験で勝利も…CBC賞(G3)「コンクリート化」馬場には“ヤリ過ぎ”の声