NEW

JRAジャパンC(G1)黒船と化した武豊が16年ぶり「日本沈没」を予告!? 歓喜の裏でラヴズオンリーユーが鳴らした警鐘

【この記事のキーワード】, ,

JRAジャパンC(G1)黒船と化した武豊が16年ぶり「日本沈没」を予告!? 歓喜の裏でラヴズオンリーユーが鳴らした警鐘の画像1

 7日、アメリカのデルマー競馬場で開催されたブリーダーズC(G1)。フィリー&メアターフをラヴズオンリーユー、ディスタフをマルシュロレーヌがそれぞれ制し、日本調教馬による初のブリーダーズC制覇という歴史的快挙を成し遂げた。

 5歳牝馬2頭が矢作芳人厩舎にもたらした偉業に関係者も大興奮。国内外の各メディアでも大々的に報じられることとなった。

 こちらに対し、日本が誇る国際レース・ジャパンC(G1)の現状にも触れておきたい。

「世界に通用する強い馬づくり」をスローガンに創設されたこのレースは、日本ダービー(G1)と同じ東京芝・2400mを舞台に開催される。1981年の第1回から数えて今年で第41回と歴史も長い。

 また、ジャパンCを優勝した馬が手にする賞金3億円は、秋の天皇賞(G1)の1億5000万円に比べて2倍の金額。少なくともレースの「格式」については、国際レースと呼ぶに相応しいといえる。

 ホーリックスとオグリキャップの壮絶な叩き合いで当時の世界レコード2分22秒2という驚異の決着でも話題を呼んだ89年。ランド、シングスピール、ピルサドスキーによる95年から97年にかけての外国馬3連覇もあった。

 しかし、2005年のアルカセットを最後に外国馬の活躍は鳴りを潜め、気がつけば翌06年から昨年まで15年もの長きに渡って日本馬の連勝が続いている。この背景に日本競馬全体のレベルアップも無関係ではないが、年々高速化の進む日本特有の固い馬場を嫌って回避する外国馬の陣営が増えたことも大きく影響しているだろう。

 これ以外にも検疫やゲートの問題など他の要素もあるだろうが、日本より重くて力を要するといわれる欧州の馬場で行われる凱旋門賞(G1)で日本馬が苦しむのと同様に、欧州馬もまた、軽くてスピードを要する日本の馬場に苦しんできたことも確かだ。

 改めて振り返りたいのは、アメリカのG1で1番人気に見事応えたラヴズオンリーユーの勝利だが、快挙を後押ししたのはデルマー競馬場の馬場ではないだろうか。

『netkeiba.com』にて、海外競馬評論家の合田直弘氏がコラム内で「日本の馬場よりも固い」と述べていたことも見逃せない。こちらについては、当然ながら矢作師もおそらく把握していた上での挑戦だったことは想像に難くない。

 そこで今回、注目したいのは同じブリーダーズCでもユビアーが優勝したターフの方である。このレースにはジャパンCに出走を表明しているブルームとジャパンが参戦。ブルームは勝利寸前のところで交わされての2着、ジャパンも4着と見せ場を作ったが、今年の凱旋門賞(G1)で2着に好走したタルナワは11着と大敗し、圧倒的1番人気を裏切っている。

 これが意味するものとは何なのか。

JRAジャパンC(G1)黒船と化した武豊が16年ぶり「日本沈没」を予告!? 歓喜の裏でラヴズオンリーユーが鳴らした警鐘のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 3年間「未勝利馬」が武豊に替わって7馬身差圧勝…かつての関西ホープ騎手に突き付けられた「厳しい現実」
  2. JRA“イジメ”のような神展開に霜降り明星・粗品ブチ切れ確実!? これぞ「逆神」たる所以か…狙い通りの単騎逃げ成功も、まさかの1、2番人気強襲で撃沈
  3. 「ルールですので仕方ありませんが……」現役JRA騎手も警鐘を鳴らす現行ルールの欠陥!? 陣営も頭を悩ます「除外ラッシュ」の真相
  4. JRA【根岸S(G3)展望】「12戦0勝」武豊、連勝中ヘリオスで初制覇の大チャンスも…「6連勝中」の超新星クロパラントゥは除外が濃厚
  5. JRA川田将雅「ロケットスタート」でもシルバーコレクター濃厚!? 4度目の正直に立ちはだかる天敵のモデルチェンジ
  6. JRA【AJCC(G2)予想】川田将雅×ポタジェは即消し! C.ルメールに「不安あり」なら「あの穴馬」が絶好の狙い目!
  7. JRA「僕にとって初」人馬揃って晩成タイプ!? 乗り替わりでG1勝たれた苦労人から意外過ぎるコメント、デビュー「26年目」でようやく手にした殊勲星
  8. JRA 「相手が悪かったかな」武豊も脱帽した怪物ダート馬がまたも登場!? 馬主は「2週連続」大物引き当てる強運の持ち主
  9. JRAシルクロードS(G3)「持ってる男」池添謙一メイケイエール決定はわずか5分!? 武豊、横山典弘でも乗りこなせなかった「癖馬」との仰天エピソード
  10. JRA「自死」後藤浩輝氏に続き吉田豊騎手が……「木刀事件」で”因縁”の相手と同じ頸椎骨折を藤田伸二元騎手も心配