NEW

JRA 「広尾レース×武兄弟」強力タッグが送り込むドグマ、デイリー杯2歳S(G2)で2週連続重賞制覇に期待大

【この記事のキーワード】, ,

JRA 「広尾レース×武兄弟」強力タッグが送り込むドグマ、デイリー杯2歳S(G2)で2週連続重賞制覇に期待大の画像1

 6日、土曜東京で京王杯2歳S(G2)、阪神ではファンタジーS(G3)と東西で2歳馬の重賞が行われた。

 京王杯2歳Sでは、8番人気の伏兵キングエルメス(牡2歳、栗東・矢作芳人厩舎)が坂井瑠星騎手とのコンビで勝利。2番手から直線早めに抜け出し、粘るトウシンマカオを1馬身1/4差で退けた。

 またファンタジーSでは、ウォーターナビレラ(牝2歳、栗東・武幸四郎厩舎)が武豊騎手との兄弟コンビで参戦。小倉2歳S(G3)を制した1番人気ナムラクレアとの直線の叩き合いを制し、無敗で重賞勝利を決めている。

 そして今週13日、阪神競馬場ではデイリー杯2歳S(G2)が開催されるが、注目したいのはドグマ(牡2歳、栗東・武幸四郎厩舎)だ。

 同馬の馬主は京王杯2歳Sを制したキングエルメスを所有する広尾レース。そしてドグマにはファンタジーSを制したウォーターナビレラと同じく「武豊×武幸四郎」の兄弟コンビだ。

 そのドグマは、8月の小倉芝1800mの新馬戦では、8番人気と低評価だったものの、中団からじっくり脚を溜め、ラスト直線大外から豪快な末脚を繰り出し勝利。新種牡馬キタサンブラック産駒として初の新馬勝ちを収めた。

 2戦目の芙蓉S(OP)ではC.ルメール騎手を鞍上に迎え、1番人気に推されたが結果は4着。レース後、ルメール騎手が出したコメントによると「馬がエキサイトしていた」とのこと。落ち着いてレースに向かえるかが好走のカギとなりそうだ。

 菱田裕二騎手が跨った1週前追い切りでは、古馬のオープン馬ワールドウインズを相手に1馬身先着。武幸四郎調教師も「前走時よりも明らかに状態がいい。」と期待は大きい。

 ただ、デイリー杯2歳Sには強力なライバルも参戦する。新潟2歳S(G3)を強い競馬で勝ち上がったセリフォスも藤岡佑介騎手とのコンビで出走してくる。当初は朝日杯FS(G1)に直行予定だったが、状態の良さからここに参戦。1週前追い切りでは4歳2勝クラスのメイショウハクサンと併せ馬。4馬身先着とライバルも抜群の動きを見せている。

 ドグマは武豊騎手と縁の深いキタサンブラック産駒。「偉大な父からの教えで、迷わず一直線に走れるようにとの願いを込めて」という馬名の由来からも期待の大きな馬であることが伝わる。

 G1を7勝し、年度代表馬にも選ばれた父キタサンブラックのように、阪神競馬場ラストの直線を一直線で駆け抜け、馬主、騎手、調教師3者の2週連続土曜重賞制覇に注目したい。

JRA 「広尾レース×武兄弟」強力タッグが送り込むドグマ、デイリー杯2歳S(G2)で2週連続重賞制覇に期待大のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合