NEW

JRAレイパパレ「距離不安」に加えC.ルメール「逃げない宣言」で大ピンチ!? 安藤勝己氏が再三指摘「2000mがギリギリ」を覆せるか

JRAレイパパレ「距離不安」に加えC.ルメール「逃げない宣言」で大ピンチ!? 安藤勝己氏が再三指摘「2000mがギリギリ」を覆せるかの画像1

 14日、阪神競馬場で行われるエリザベス女王杯(G1)にレイパパレ(牝4歳、栗東・高野友和厩舎)が出走する。

 デビューから無傷の6連勝で大阪杯(G1)を勝利したときは「新女王誕生」と騒がれたが、その後は宝塚記念(G1)で3着、オールカマー(G2)でも4着に敗れ、レイパパレに対する評価は揺らいでいる。

 同馬にとって変わらない事実は「2000m以下では無敗」という点だ。

 この秋は天皇賞・秋(G1)やマイルCS(G1)という選択肢もあるなか、あえてエリザベス女王杯に矛先を向けてきた。陣営には、牝馬同士なら2200mでも勝算ありという考えがあるのだろう。自身のほかにG1馬がアカイトリノムスメだけという今年のメンバー構成なら、牡馬と戦うより与し易いという見立てかもしれない。

 そんなレイパパレの距離適性について、公式Twitterで何度もコメントしてきたのが元JRA騎手の安藤勝己氏である。

 昨年12月のチャレンジC(G3)で重賞初制覇を飾った際は「もうちょい相手が強くなると2000mがギリギリ。マイルの好位で折り合わす競馬がビンゴじゃないかな」と、ゆくゆくはマイラーとしての活躍を予測していた。

「実際にデビューからの2戦は1600mで強い勝ち方を見せていましたからね。徐々に距離を延ばして2000mの重賞を勝ちましたが、気性の激しさもあって、ペースが落ち着きやすい1800m以上では“折り合うのがやっと”という懸念の声は少なくありませんでした」(競馬誌ライター)

 そして4番人気で迎えた大阪杯。コントレイルやグランアレグリアら歴戦のG1馬に比べると格下という評価だった。しかし、川田将雅騎手は作戦通りハナを奪うと、馬場も味方につけて堂々の逃げ切り勝ち。距離を不安視したファンを驚かせた。

 実はこの時も安藤氏は「かなりの適性やった」と、あくまでも評価したのは道悪適性の高さだった。「とにかく馬場を味方につけたジャイアントキリングやった」と、フロック視ともとれるコメントも残している。

 その後も安藤氏はレイパパレが走るたびに距離不安をツイート。クロノジェネシスに交わされ、逃げたユニコーンライオンも捉えきれなかった宝塚記念後には「あれで(ユニコーンライオンを)交わせなかったあたりは距離」、秋初戦のオールカマー後にも「本質2000mがギリギリやね」と、その考えは強固になっている。

 もし大阪杯と同じように馬場が渋れば、道悪適性の高さで距離不安もかき消されるかもしれないが、週末の阪神競馬場周辺の天気予報は晴れ。道悪は望めない状況だ。

JRAレイパパレ「距離不安」に加えC.ルメール「逃げない宣言」で大ピンチ!? 安藤勝己氏が再三指摘「2000mがギリギリ」を覆せるかのページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合