NEW

JRAエリザベス女王杯(G1)がもはや「簡単過ぎ」ではない致命傷が発覚、レイパパレとウインマリリンでは決まらない?

【この記事のキーワード】, ,

JRAエリザベス女王杯(G1)がもはや「簡単過ぎ」ではない致命傷が発覚、レイパパレとウインマリリンでは決まらない?の画像1

 14日、阪神競馬場では3歳上牝馬限定のG1・エリザベス女王杯(G1)が開催される。先週は日本のG1開催こそなかったものの、アメリカのデルマー競馬場でブリーダーズC(G1)が行われた。ラヴズオンリーユーとマルシュロレーヌが日本調教馬で初となる米G1制覇の偉業を達成したことで、海を越えた朗報に盛り上がった。

 G1中休みも終えた今週からは、いよいよ暮れのホープフルS(G1)まで怒涛の8週連続G1ラッシュが開幕する。エリザベス女王杯をはじめ、マイルCS、ジャパンCと注目のレースが続くだけに、ファンとしても楽しみは尽きないだろう。

 ただ、そうはいっても競馬には、スポーツとしてだけでなく公営ギャンブルという側面もある。馬券がハズレて損をするばかりでは、悠長に楽しんでもいられない。

 そんな競馬ファンにとって、大きな味方となったのは、C.ルメール騎手と福永祐一騎手の存在だ。

 実はこの2人、秋G1の開幕を告げたスプリンターズSでピクシーナイト、レシステンシアがワンツーを決めてから、天皇賞・秋でも2着にコントレイル、3着にもグランアレグリアと4週連続で2人とも馬券圏内に入る好騎乗を披露していたのである。

■秋G1、ルメールと福永の成績(敬称略)

・スプリンターズS
1着ピクシーナイト(福永)、2着レシステンシア(ルメール)
・秋華賞
2着ファインルージュ(ルメール)、3着アンドヴァラナウト(福永)
・菊花賞
2着オーソクレース(ルメール)、3着ディヴァインラヴ(福永)
・天皇賞(秋)
2着コントレイル(福永)、3着グランアレグリア(ルメール)

 当然ながら、このことはファンの間でも話題となり、秋G1ではルメールと福永を押さえておけば、馬券は「もう当たったも同然」という傾向も強まった。

JRAエリザベス女王杯(G1)がもはや「簡単過ぎ」ではない致命傷が発覚、レイパパレとウインマリリンでは決まらない?の画像2

 しかし、そんな絶好調の2人を凌駕する存在感を見せたのが、関東の若武者・横山武史騎手だ。前半2レースでの騎乗はなかったものの、菊花賞のタイトルホルダーから天皇賞のエフフォーリアまで2週連続でのG1制覇。父・横山典弘騎手の若手時代を上回るような勢いでトップ騎手への階段を駆け上りつつある。

 さらにエリザベス女王杯には、ブリーダーズCで海外遠征した福永騎手が、帰国後の隔離期間ということもあり、参戦が出来ない状況。となると、飛ぶ鳥を落とす勢いの横山武騎手が馬券圏内に入ることや、3週連続G1制覇まであるかもしれない。

 これなら福永騎手が不在でも馬券圏内“皆勤賞”のルメール騎手と横山武騎手を押さえておけば、エリザベス女王杯も今まで通り“簡単過ぎる”予想が成立しそうな雰囲気も出て来た。

 ところが、これにはちょっとした不安材料があることも無視できない。

JRAエリザベス女王杯(G1)がもはや「簡単過ぎ」ではない致命傷が発覚、レイパパレとウインマリリンでは決まらない?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合