NEW

JRA アカイトリノムスメは「金取りの娘」!? 今年の秋華賞馬がエリザベス女王杯(G1)で信用するのが危険なワケ

【この記事のキーワード】, ,
JRA アカイトリノムスメは「金取りの娘」!? 今年の秋華賞馬がエリザベス女王杯(G1)で信用するのが危険なワケの画像1
アカイトリノムスメ 撮影:Ruriko.I

 14日、阪神競馬場でエリザベス女王杯(G1)が行われる。注目は『netkeiba.com』の予想オッズ(単勝)で1番人気となっているアカイトリノムスメ(牝3歳、美浦・国枝栄厩舎)だ。

 昨年8月にデビューした同馬は、新馬戦は7着に敗れるも、その後未勝利戦・1勝クラス・クイーンC(G3)と3連勝。牝馬クラシックは桜花賞(G1)4着、オークス(G1)2着と善戦を続けて、最終戦の秋華賞(G1)でG1初勝利を飾った。

 また、今年の古馬混合の秋G1・2戦はいずれも3歳馬が優勝しており、今年の3歳世代は例年に比してレベルが高いと言われている。その流れからアカイトリノムスメも人気の中心になると考えられ、現に先述の予想オッズでも1番人気の支持を受けている。

 最終追い切り後、パートナーの戸崎圭太騎手は『スポーツ報知』の取材で「とてもいい状態で順調にきているな、と感じました。幅が出たような感じで、馬が変わってきたのかなという印象があります」と、好感触を掴んだようだ。

 ただ、順風満帆に見えるアカイトリノムスメにも、意外な落とし穴が待ち受けているかもしれない。

 秋華賞を使った有力3歳馬は、基本的にエリザベス女王杯へ向かうのが主流とされているが、近年の秋華賞を好走した馬のエリザベス女王杯の成績が芳しくないのだ。

■近年の主なエリザベス女王杯で着外に敗れた同年の秋華賞好走馬

14年 ショウナンパンドラ 秋華賞1着→エリザベス女王杯6着
15年 クイーンズリング 2着→8着
16年 パールコード 2着→4着
17年 ディアドラ 1着→12着
18年 カンタービレ 3着→6着
19年 クロノジェネシス 1着→5着
20年 ソフトフルート 3着→6着

 ヌーヴォレコルトやモズカッチャンなど秋華賞・エリザベス女王杯と連続で好走した馬も存在するため、一概に全ての秋華賞好走馬に当てはまるわけではない。

JRA アカイトリノムスメは「金取りの娘」!? 今年の秋華賞馬がエリザベス女王杯(G1)で信用するのが危険なワケの画像2

 しかし国内で抜群の安定感を誇るクロノジェネシスが唯一日本で馬券圏内を外したのが、19年のエリザベス女王杯だった。さらに世界中を駆け回ったディアドラが生涯唯一2桁着順に敗れたのも、3歳時のエリザベス女王杯なのだ。以上の経緯から、古馬になって更に活躍する馬でも、大きく崩れることが多いのが秋華賞から連戦で挑むエリザベス女王杯と言えるだろう。

 そして、先ほど挙げた馬は全て関西馬だ。輸送の負担が少ない関西馬でも崩れるケースが目立つのだから、輸送時間の長い関東馬なら尚更崩れる可能性が高いと言える。

 国枝師は『サンケイスポーツ』の取材で「前走後は1週間ほど楽をさせたが、その後は思惑通り。とにかく順調」と、好調をアピールしているが、もしかしたら名伯楽でも見落としてしまう「見えない疲れ」が残っている可能性もなくはない。

 そうとなれば、三冠牝馬の娘へ賭けたお金は戻ってこずアカイならぬカネトリノムスメになってしまうだろう。

(文=坂井豊吉)

<著者プロフィール>
全ての公営ギャンブルを嗜むも競馬が1番好きな編集部所属ライター。競馬好きが転じて学生時代は郊外の乗馬クラブでアルバイト経験も。しかし、乗馬技術は一向に上がらず、お客さんの方が乗れてることもしばしば……

JRA アカイトリノムスメは「金取りの娘」!? 今年の秋華賞馬がエリザベス女王杯(G1)で信用するのが危険なワケのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA【宝塚記念(G1)予想】タイトルホルダー×エフフォーリアは両方消し! G1馬なのに人気がない「アノ馬」を狙い撃ちで高配当いただき!
  2. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRA 宝塚記念(G1)「2番手で…」あの陣営から不気味なコメント…タイトルホルダーを悩ませる“くせ者”の存在
  4. JRAクラシックを嘱望されたグランアレグリア全弟の悲しすぎる結末……宝塚記念(G1)ウィークの新馬戦、「阪神」ではなく「東京」で思い出す生涯一度きりの晴れ舞台
  5. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリア「完全復活は厳しい」と予告…デアリングタクト「生みの親」が語ったエピファネイア産駒2頭の決定的な違い
  6. 宝塚記念(G1)元JRA細江純子さん「凄く良く見せたのは、共同通信杯」エフフォーリアにまさかのジャッジ!? 「1番目か2番目」武豊アリーヴォ絶賛も、疑惑深まる年度代表馬の早熟説
  7. JRA宝塚記念(G1)川田将雅「騎乗馬なし」の誤算!? リーディング独走の上半期立役者も見学なら「あの記録」もストップか
  8. JRA宝塚記念(G1)武豊キタサンブラックが沈んだ罠にエフフォーリアも、タイトルホルダーも!? 昨年「単勝215.3倍」の下剋上は何故起きた?
  9. JRA宝塚記念(G1)逃げ「当確」パンサラッサが激流を演出…タイトルホルダーも苦戦濃厚、混戦必至の展開で「漁夫の利」を得られるタイプは?
  10. JRA「今年はヤバい」池添謙一、横山武史らもビビった!? 宝塚記念(G1)でトップジョッキーが不在…2週続いた騎乗停止処分に恐怖の声