NEW

JRAマイルCS(G1)グランアレグリア「ルメール酷評」中2週をなぜ繰り返すのか。集大成の完敗と「15連勝」香港マイル界の絶対王者の存在

JRAマイルCS(G1)グランアレグリア「ルメール酷評」中2週をなぜ繰り返すのか。集大成の完敗と「16連勝」香港マイル界の絶対王者の存在の画像1
グランアレグリア 撮影:Ruriko.I

 21日に阪神競馬場で行われるマイルCS(G1)は、非常に見どころのあるレースになりそうだ。

 当初、春のマイル王ダノンキングリーが出走を見送ったことで、若き3歳マイル王シュネルマイスターの独壇場になると思われた。しかし、ここに電撃参戦を表明したのが、G1・5勝を誇る女王グランアレグリア(牝5歳、美浦・藤沢和雄厩舎)だ。

 前走の天皇賞・秋(G1)では皐月賞馬エフフォーリア、昨年の三冠馬コントレイルと3強を形成したグランアレグリア。マイル女王の2000m挑戦は3着完敗に終わったものの、歴史的な名勝負は多くのファンの胸を打った。

 今秋の大目標……いや、キャリアの集大成とさえ位置付けられていた一戦で敗れてしまったグランアレグリア。その去就も含め、傷心の女王の「今後」が注目されていたが、陣営が選択したのは連覇の懸かった秋のマイル王決定戦だった。

 無論、選択肢の1つに挙がって然るべきマイルCS挑戦。だが、一部の関係者の間では早くも不安説が飛び交っているようだ。

「5歳秋でキャリア14戦と、元々しっかりと間隔を取って大事に使われてきた馬。中2週の競馬は今春のヴィクトリアマイル(G1)→安田記念(G1)で初めて経験しましたが、最後はダノンキングリーに足をすくわれました。

レースの結果こそ、上がり最速の2着と女王の貫禄は示しましたが、主戦のC.ルメール騎手からは『手応えが前回(ヴィクトリアマイル)と全く違った』『呼吸的にも苦しそうだった』『直線の反応も普段より遅かった』と散々なもの……。明らかに中2週の影響が出たのではないかと推測されていただけに、今回陣営が再び中2週を選択したのは少し意外でしたね」(競馬記者)

 今年6月の安田記念では2着に敗れたものの、上がり3ハロン32.9秒の鬼脚を見せたグランアレグリア。勝ったダノンキングリーとは、わずかアタマ差だっただけに負けてなお強しという印象だった。

 しかし当時、半馬身+クビ差の4着馬だったインディチャンプは、3月の高松宮記念(G1)から十分な間隔を取った昨年の安田記念で約3馬身ぶっちぎった馬。そう考えると記者の言葉通り、やはり中2週が影響したのかもしれない。

 また、今回のグランアレグリアには別の不安要素もあるようだ。

JRAマイルCS(G1)グランアレグリア「ルメール酷評」中2週をなぜ繰り返すのか。集大成の完敗と「15連勝」香港マイル界の絶対王者の存在のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合