NEW

JRA逆襲のM.デムーロ「大絶賛」の超大物が京都2歳S(G3)へ! 騎手が「超走る!」と口をそろえた2歳牝馬とは

【この記事のキーワード】, ,

JRA逆襲のM.デムーロ「大絶賛」の超大物出現!? コントレイル弟「期待ハズレ」の裏で、騎手が「超走る!」と口をそろえた2歳牝馬とはの画像1

 かつて「ミルコの秋」と呼ばれた季節があった。

 2015年にC.ルメール騎手と共に鳴り物入りで史上初の外国人JRA騎手となったM.デムーロ騎手。その2年後の2017年秋G1は開幕戦のスプリンターズSを勝つと、菊花賞、エリザベス女王杯、マイルCSと次々勝利。「日曜日の重賞」に限っては、8月の新潟記念から9週間連続で馬券圏内と、まさに神懸かった勝負強さを見せていた。

 しかし、2年後の2019年には年間重賞3勝と大きく低迷……。翌2020年も重賞4勝に終わり、今年もここまで5勝。もうすでに秋も深まり、冬の足音が聞こえてきたが「ミルコの季節」は、なかなかやってこない。

 だが、そんなデムーロ騎手に再び風が吹こうとしている。

「真面目な馬。折り合いがつくし、いい瞬発力で最後まで伸びていました」

 コントレイルの全弟サンセットクラウドなどが大きな注目を集めた10月16日の新馬戦。レース後、デムーロ騎手が手放しで絶賛したのは、相沢郁厩舎のライラック(牝2歳、美浦)だ。着差こそ1馬身1/4だったがノーステッキ、抜け出した後に手綱を緩めての大楽勝だった。

 この勝利にデムーロ騎手が「すごくいい馬」と評価すれば、相沢調教師は「これがウチで一番走る馬。重賞級だね」と後の厩舎の看板馬になる期待を隠さない。

JRA逆襲のM.デムーロ「大絶賛」の超大物出現!? コントレイル弟「期待ハズレ」の裏で、騎手が「超走る!」と口をそろえた2歳牝馬とはの画像2

「一昨年の札幌2歳S(G3)を勝ったブラックホールの半妹ですが、父がゴールドシップからオルフェーヴルに替わりました。ただ、『netkeiba.com』で連載中のコラム(Road to No.1-M.デムーロ世界一になる-)では『僕が今まで乗ってきたオルフェーヴルの仔とは全然違った』と、産駒特有の気性難もまったくないそうです。

デビュー戦は1頭だけモノが違う強さでしたし、小柄な馬体は如何にも中長距離向き。今年、ユーバーレーベンでオークス(G1)を制したデムーロ騎手ですが、連覇も狙えるのではないでしょうか」(競馬記者)

 記者の話にも出た『Road to No.1』では「超強かった! いやぁホントに強かったね」と再びライラックを大絶賛しているデムーロ騎手。「乗り味もレースぶりも、凄くよかった。ものすごく楽しみです」と、楽しみな2歳牝馬と出会えた喜びを爆発させている。

JRA逆襲のM.デムーロ「大絶賛」の超大物が京都2歳S(G3)へ! 騎手が「超走る!」と口をそろえた2歳牝馬とはのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊「絶縁」噂のトレーナーと4年9ヶ月ぶりの白星! 懇意の『ウマ娘』藤田晋オーナー所有馬も所属、関係修復で依頼数「増加」なるか
  2. JRA単勝1.9倍「幻の桜花賞馬」が痛恨の敗戦……川田将雅×中内田充正厩舎「黄金コンビ」に続く秋華賞(G1)制覇の試練
  3. JRA「大差レコード負け」からジョッキーも信じられない奇跡!? 約2年20戦の時を経て「2着馬」が10馬身差の圧勝でレコード再更新
  4. JRAラジオNIKKEI賞(G3)「遅れてきた大器」が無傷の3連勝! ドゥラメンテ調教師が「南半球の怪物」と初めてクラシック制覇を見据えた日
  5. JRA武豊ドウデュースら「本当の敵」は凱旋門賞離れ!? タイトルホルダー馬主が掲げた「狂騒曲」の終止符が賛同される理由
  6. JRA「23年で1番良い馬」オグリキャップになれなかった日本ダービー(G1)1番人気。「上手く乗れなかった」強過ぎたからこそ動けなかったM.デムーロの慢心と後悔
  7. JRA C.スミヨン「入線後」の斜行でも12日間の騎乗停止! 過去には武豊とも一悶着…イギリスでやらかした「お粗末騎乗」にファンも納得?
  8. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  9. JRA【七夕賞(G3)展望】棚ぼた勝利は難しいハンデ戦!? 「G1除外の無念」ヒートオンビートVS「福島の鬼」ヴァンケドミンゴ!
  10. JRA武豊×蛯名正義「同期タッグ」が北の大地でOP初挑戦! 騎乗するのは縁ある「女帝」の孫。重賞初挑戦へ繋がる勝利にかかる期待