NEW

JRA武蔵野S(G3)武豊クロフネの衝撃から20年。NHKマイルC(G1)からダート転向初戦「あの3歳馬」に注目

【この記事のキーワード】, ,

JRA武蔵野S(G3)武豊クロフネの衝撃から20年。NHKマイルC(G1)からダート転向初戦「あの3歳馬」に注目の画像1

 11月13日(土)に東京競馬場で武蔵野S(G3)が行われる。

 今からちょうど20年前の2001年10月27日、東京競馬場ではスタンドからどよめきが起こっていた。歴史的名馬クロフネが衝撃の内容で武蔵野Sを勝利した日だ。永くに渡り競馬ファンに語り継がれているレースだ。

 アメリカで生産されて日本で調教を受けた、いわゆる「マル外」のクロフネは、3歳時に芝のNHKマイルC(G1)を制し、日本ダービー(G1)に挑戦するも5着と終わる。

 秋は神戸新聞杯(G2)から始動し3着となり、陣営は天皇賞秋(G1)に目標を定めていたが、当時あった外国産馬の出走枠の関係でまさかの除外となってしまう。「仕上げていたのに、レースを使わないのはもったいない」と武蔵野Sへの出走を決めた。

 クロフネにとって初のダート挑戦となった、このレース内容は衝撃だった。中団外目につけ、3コーナーでは3番手まで進出。鞍上の武豊騎手が軽く促すと、4コーナーを回った時にはすでに先頭。そこからはまさに独壇場だった。みるみる後続を引き離し、大差勝ちを収めたのだ。

 タイムは1分33秒3と初のダート戦で、いきなり当時の日本レコードを叩き出した。なお、この時計は同年のマイルCS(G1)から、わずかコンマ1秒遅いだけである。このレース後、ジャパンカップダート(G1)に挑み2戦連続大差でレコード勝ちを収め、クロフネが「伝説」となった事は言うまでもない。

 あれから約20年。デビューから芝路線を歩み、NHKマイルCにも駒を進め、クロフネと同じ武蔵野Sで初のダート戦を迎えようとする馬がいる。3歳馬のバスラットレオン(牡3、栗東・矢作芳人厩舎)だ。

 同馬は、2歳時に朝日杯FS(G1)で4着と早くから芝での才能を見せていた。3歳春にはニュージーランドT(G2)で5馬身差をつける圧勝でNHKマイルCへと駒を進めた。しかし、レースではスタート直後にまさかの落馬で競走中止に。3番人気と期待されていただけに、残念な結果となった。

 その後クロフネと同じく日本ダービーに挑戦するも15着と大敗。適性距離を考え、秋はマイル路線に戻すも二桁着順が続き、陣営は新たなプランとしてダート挑戦を試みた。

 もともとデビュー前には「のちのちはダートで使ってみたい」との声があった馬。ここでガラリ一変の競馬を見せることが出来るのか。芝での実績は十分だけに注目を集めそうだ。

 今年1月に老衰のため天国へ旅立ったクロフネ。ソダシ、カレンチャンなどG1馬も多数輩出し、名種牡馬となった。武蔵野Sを勝った年から節目の20年。バスラットレオンがクロフネのように水を得た魚になれば、ダート戦線が一気に活気づくはずだ。

(文=ハイキック熊田)

<著者プロフィール>
ウオッカ全盛期に競馬と出会い、そこからドハマり。10年かけて休日を利用して中央競馬の全ての競馬場を旅打ち達成。馬券は穴馬からの単勝・馬連で勝負。日々データ分析や情報収集を行う「馬券研究」三昧。女性扱いはからっきし下手だが、牝馬限定戦は得意?

JRA武蔵野S(G3)武豊クロフネの衝撃から20年。NHKマイルC(G1)からダート転向初戦「あの3歳馬」に注目のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  2. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  3. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  4. JRA武豊アリーヴォ「ポツン騎乗」のなぜ!? 宝塚記念(G1)ドゥラメンテ産駒2頭で分かれた明暗…レジェンドも危惧した「嫌な予感」が的中か
  5. 【帝王賞(G1)展望】テーオーケインズVSオメガパフュームVSチュウワウィザード!注目「上半期のダート頂上決戦」は実力伯仲の三つ巴!
  6. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  7. JRA「勝ち馬が強かった」川田将雅、武豊、福永祐一もお手上げ!? “伝説の新馬戦” を制したC.ルメールは「いい勉強になりました」と余裕綽々
  8. JRA「弾けました」低評価を覆す豪脚一閃で先行勢を一掃! 宝塚記念(G1)激走、故・岡田繁幸さん素質見抜いた「逆輸入」種牡馬にブレイクの予感
  9. 池添謙一「圧勝ムード」からノーステッキで逆転負け…「単勝1.8倍」敗戦にファンから疑問の声
  10. JRA宝塚記念(G1)麒麟・川島明が「20万円超」払い戻しで有終の美!ファンからは京都競馬場の「改修工事」に恨み節も!?