NEW

パチスロ「一撃8000G超乗せ」などシリーズ最強の爆裂も… 進化し続ける看板コンテンツで話題を独占!【5号機を支えたトップメーカーの軌跡~KPE~③】

【この記事のキーワード】,

パチスロ「一撃8000G超乗せ」などシリーズ最強の爆裂も… 進化し続ける看板コンテンツで話題を独占!【5号機を支えたトップメーカーの軌跡~KPE~③】の画像1

 5号機初期の暗黒時代を支え、後のAT・ART全盛期時代でも華々しい活躍を見せたヒットメーカー。その「軌跡」をご紹介するこのコーナーでは、当時話題だった名機たちをスペックや特徴を交えながら振り返る。

 今回は、前回に引き続き、「KPE(現コナミアミューズメント)」編第三弾だ。

 ゲーム性、演出、BGMと三拍子揃った完成度で熱視線を集めた『悪魔城ドラキュラ』。そんな本機をリリースしたKPEは翌2010年、シリーズ第二弾となる『マジカルハロウィン2』を販売する。

 前作と同様、2種類のボーナスとART「カボチャンス」で出玉を伸ばすタイプの本機。だが、ARTはゲーム数固定&ループ型からストックタイプへと一新されたことで、初代以上のART連チャンを味わうことが可能となった。

【注目記事】
パチンコ業界の大御所が黒歴史を暴露…頑張って作った雑誌が「本当に売れなかった」!? 
パチスロ「A×AT」完成形マシンに続き、往年のリバイバル機を連続リリース予定… 大手サミーが2022年3月期第2四半期決算公表

 ARTは基本的にボーナスを経由し、BIGボーナス中に発生する「カボチャ図柄揃い」、レバーオン時に発生するストック告知演出「まじかるちゃんす」、ボーナス終了後に必ず突入するチャンスゾーンでの自力当選、この3つがART当選のメインルートとなる。

 そのチャンスゾーン中は、ストックがない場合は自力6択が発生し、押し順成功でART突入が確定。さらにチャンスゾーン中のミッションモードに成功すると、エクストラミッションに昇格し、カボチャンスに突入するまで約1/2の確率でARTのストック抽選が行われるなど、自力での大量上乗せも期待できた。

 プレミアフラグに関しては、前作踏襲の最上位ART「スーパーカボチャンス(以下、スーパーカボ)」が存在。突入契機は同じく特殊ゾーン「(大)魔界」中のボーナス当選だが、本作では次回レギュラーボーナスでのフェンリルバトルに敗北するまで継続する「無限ART」という扱いとなっている。なお、BIGであれば次回継続が確定だ。

 そして本機最大の見どころは、ART中のカボチャ揃いで突入する上位ART「キングカボチャンス」で、同チャンス中はベル入賞の25%でARTをストック。さらに、この間に引いたボーナス中の「まじかるちゃんす」はすべて金宝箱(5個~10個ストック)になるという特徴を持つ。特にREGは大量上乗せのチャンスで、消化中は毎G、1/6で「まじかるちゃんす」=金宝箱が発生する。

 ボーナス以外のART当選契機は天井(通常時1280G消化で、恩恵はスーパーカボ)のみのため、良くも悪くもボーナスの“ヒキ”がART突入のカボを握っている本機。ただ、CZ中の自力要素やARTの上乗せ性能など、設定不問の爆発力も秘めていただけに、多くのプレイヤーから好評を得ることに成功したのだった。

 その1年後にリリースされた後継機『マジカルハロウィン3』は、新たな上乗せ特化ゾーン「カボRUSH」を搭載するなど、シリーズを重ねていくごとに出玉を強化。ここから“一撃万枚”報告が徐々に見られるようになっていく。

 13年には、『マジカルハロウィン4』をリリースし、スぺックはボーナス非搭載のART特化タイプへと進化。ゲーム数上乗せ+継続抽選+セットストックタイプのART「マジカルラッシュ」が出玉増加の軸となる本機は、疑似ボーナス1G連ゾーンとなる「ビーストバトル」や、ゲーム数上乗せ&疑似ボーナスストック&セット数ストックのトリプル抽選を行う最強特化ゾーン「暴走覚醒ラッシュ」といったさまざまな上乗せゾーンを新たに搭載した。

 一方、最も突入しやすいループ型ゲーム数上乗せゾーン「マジカルアタック」は、基本的に数10G乗せ程度で終わってしまう穏やかな性能となっているが、ツボにハマった時の破壊力は本機最強クラスで、“一撃8000G乗せ”という驚きの報告が写真付きであったほどだ。

 そうした爆裂性能のゆえ、適度な遊びやすさを求める既存のプレイヤーから支持は得られず、長期稼働を実現することはできなかったが、次回作としてリリースされた『マジカルハロウィン5』で原点回帰に成功。先述した『マジハロ2』のゲーム性を踏襲し、遊びやすさと爆発力を兼ね備えたスぺックが好評を呼び、現在も絶賛高稼働中だ。

 さて、KPEというよりも『マジハロ』シリーズ特集となってしまった今回の記事だが、他にも、瞬発力のある出玉が魅力の画期的機能「アクセルAT」を生み出すなど(2014年リリースの『激闘! 西遊記』に初搭載)、突出した開発力でも存在感を示している同社。来年2月以降に迎える “完全6号機時代”においても、これまで培ってきたブランド力とノウハウでヒット作を量産してほしいところだ。

パチスロ「一撃8000G超乗せ」などシリーズ最強の爆裂も… 進化し続ける看板コンテンツで話題を独占!【5号機を支えたトップメーカーの軌跡~KPE~③】のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合