NEW

JRA【エリザベス女王杯(G1)予想】レイパパレ&アカイトリノムスメではない「強力なもう1頭」から3点勝負! 激走を予感させる穴馬の存在で波乱の1戦になるか!?

JRA【エリザベス女王杯(G1)予想】レイパパレ&アカイトリノムスメではない「強力なもう1頭」から3点勝負! 激走を予感させる穴馬の存在で波乱の1戦になるか!?の画像1 今回は中休みを挟んでの8週連続G1開幕を飾るエリザベス女王杯(G1)を予想したいと思う。

 その中休みの先週、アルゼンチン共和国杯は完敗というか、ハンデ戦にもかかわらず上位人気馬の決着でなんともはや。オーソリティは本当に強いのかもしれない。が、C.ルメール騎手が上手く乗ったとも言える。ルメール騎手には、してやられてばかりだ。恨みがあって切っているわけでもないのだが、切れば必ず来るのは競馬あるあるだろうか。

さて、予想に戻ろう。いつも通り、まずは過去10年馬券に絡んだ30頭の前走データを挙げてみる。
府中牝馬S 13頭
秋華賞 6頭
オールカマー 3頭
札幌記念 2頭
宝塚記念、ヴィクトリアマイル、オークス 各1頭
条件特別 1頭
平場2勝クラス 1頭
外国馬 1頭
となっている。府中牝馬Sからの転戦が圧倒的に多く、実は馬券に絡まなかったのは15年の1回だけ。高確率で来るローテーションと言えよう。秋華賞からの3歳馬の挑戦も多いが、連勝を飾ったのは13年のメイショウマンボ1頭のみ。オークスからの直行で馬券に絡んだのは、先週に歴史的偉業を成し遂げたラヴズオンリーユーだ。

次に人気順の成績を見てみよう。
1番人気 2-3-2-3
2番人気 1-1-1-7
3番人気 4-0-2-4
4~6番人気 2-2-5-21
7~9番人気 1-3-0-26
10番人気以下 0-1-0-83
1番人気はそれなりだが、それより注目したいのは3番人気の4勝。次いで4~6番人気の好走も目立つ。逆に信用しにくいのは2番人気か。過去5年に絞っても1番人気【1-0-2-2】、2番人気【0-0-1-4】、3番人気【3-0-2-0】と3番人気に偏った実績を示している。

 これを踏まえて「◎」は9番ウインマリリンとする。

 ローテーション的にはそれなりに実績があるオールカマーからの参戦で、前走は完勝とも言うべき強い勝ち方をした。

 本馬は3歳時にも今年と同じく阪神コース開催のこのレースに参戦し、僅差の4着と好勝負を演じている。2200mに特別強いという成績ではないが、勝ち鞍は2000~2500mと中長距離に集中しているので、距離適性があるのだろう。前走は休み明け+14kgと過去最高体重での出走だったが、それでも上がり最速で勝ちきるあたり、充実期に入っているのだろう。

 中間でアクシデントもあって横山武史騎手の不安な発言は気になるが、陣営からは「状態面での不安はない」とのこと。2強ムードが漂う今回だが、割って入るならこの馬だろう。

JRA【エリザベス女王杯(G1)予想】レイパパレ&アカイトリノムスメではない「強力なもう1頭」から3点勝負! 激走を予感させる穴馬の存在で波乱の1戦になるか!?の画像2
アカイトリノムスメ 撮影:Ruriko.I

 続いての「○」はその2強の1頭、3番アカイトリノムスメを指名する。

 前走は母子制覇となった秋華賞で強い勝ち方をした。大本命のソダシにアクシデントがあって、多少恵まれた感もなくはないが、戦績を見れば桜花賞4着、オークス2着と安定している。ナンバー2と目されていたサトノレイナスがリタイアしていることもあるが、少なくとも世代トップクラスの実力の持ち主なのは確かだ。

 秋華賞・エリザベス女王杯連覇は上述の通り、13年のメイショウマンボしかいないが、こと馬券に絡むとなれば実績のあるローテーションではある。

 陣営からも11年前に同じローテーションで取りこぼした母アパパネと異なり、距離が延びた方がいいというコメントも出ている。実際、桜花賞までは一貫してマイル戦ばかりを使われてきたが、桜花賞4着のあとにオークスは僅差の2着になるなど、陣営の距離適性の評価は確かなものを感じる。

 母に劣らぬ名牝への道を歩む一歩として、このレースは重要な一戦となるはず。勝ち負けは確実とみている。

JRA【エリザベス女王杯(G1)予想】レイパパレ&アカイトリノムスメではない「強力なもう1頭」から3点勝負! 激走を予感させる穴馬の存在で波乱の1戦になるか!?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「23年で1番良い馬」オグリキャップになれなかった日本ダービー(G1)1番人気。「上手く乗れなかった」強過ぎたからこそ動けなかったM.デムーロの慢心と後悔
  2. JRA 武豊「繰り返された愚行」、単勝115.9倍の皐月賞(G1)勝利に呆然…トウカイテイオー「最後の希望」、独走する今村聖奈の秘密【『GJ的』7大ニュース】後半戦
  3. JRA【CBC賞(G3)予想】今村聖奈テイエムスパーダ&アネゴハダの3歳牝馬は用なし!データから買える穴馬指名で、荒れ続きのハンデ重賞を制する!
  4. JRA武豊ドウデュースら「本当の敵」は凱旋門賞離れ!? タイトルホルダー馬主が掲げた「狂騒曲」の終止符が賛同される理由
  5. JRA宝塚記念(G1)元騎手が「大失敗」を指摘! 凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに大誤算!?  福永祐一の「大記録」に黄信号 【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  6. JRA【ラジオNIKKEI賞(G3)予想】サトノヘリオスは危険な人気馬!実績重視で人気薄の穴馬本命で好配当をいただき!
  7. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  8. JRA「大差レコード負け」からジョッキーも信じられない奇跡!? 約2年20戦の時を経て「2着馬」が10馬身差の圧勝でレコード再更新
  9. JRAレシステンシアに起きた元・主戦騎手との「運命」の交差…すれ違いの骨折判明で「最後の秋」の出走は
  10. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦