NEW

JRA【マイルCS(G1)展望】グランアレグリア「蹄に痛み」は杞憂に終わる!? 充実一途シュネルマイスターに逆転の目は…グレナディアガーズ、インディチャンプも虎視眈々

JRA【マイルCS(G1)展望】グランアレグリア「蹄に痛み」は杞憂に終わる!? 充実一途シュネルマイスターに逆転の目は…グレナディアガーズ、インディチャンプも虎視眈々の画像1

 21日には阪神競馬場でマイルCS(G1)が開催される。過去2年の覇者に加え、今年は3歳勢の台頭が目立っており、非常にハイレベルなレースとなりそうだ。早速秋のマイル王決定戦を展望していこう。

 主役はもちろん女傑グランアレグリア(牝5歳、美浦・藤沢和雄厩舎)だろう。G1通算5勝を誇る名牝は、2006-07年ダイワメジャー以来となる連覇を視界に入れている。

 今年は大阪杯(G1)と天皇賞・秋(G1)で中距離G1に挑んだが一歩及ばず、それぞれ4着、3着に終わった。得意のマイル戦に戻って貫禄を示したい。

 春は大阪杯敗戦の後、ヴィクトリアマイル(G1)を完勝。この距離では牝馬には敵がいないことを改めて証明した。しかし、続く安田記念(G1)では、春3戦目というローテーションもあってか、ダノンキングリーによもやの敗戦を喫した。

 そのダノンキングリーは毎日王冠(G2)2着から香港マイルへの出走を予定。春のマイル王が不在なら、ここでは断然の主役で間違いないだろう。

 ただし、2000mを使っての中2週での続戦はグランアレグリアにとって理想とはいえない。さらに前走後には右前脚の蹄に痛みを発症。接着装蹄を施して続戦可能な状態まで回復しているというが、1週前追い切りは美浦坂路で軽めの調整しかできておらず、状態には不安が残る。

 マイルCSは藤沢和調教師にとって最も得意とするG1レースの一つ。もしグランアレグリアが勝てば、天皇賞・秋に並ぶ6度目制覇となる。来春の定年引退を前に勲章をもう一つ増やせるか。

JRA【マイルCS(G1)展望】グランアレグリア「蹄に痛み」は杞憂に終わる!? 充実一途シュネルマイスターに逆転の目は…グレナディアガーズ、インディチャンプも虎視眈々の画像2
シュネルマイスター 撮影:Ruriko.I

 安田記念で女傑に半馬身差まで迫ったシュネルマイスター(牡3歳、美浦・手塚貴久厩舎)は充実一途。ハイレベルと呼ばれる3歳世代のマイル王として、古馬相手に頂点を狙う。

 唯一の3歳馬として臨んだ安田記念では3着。さらに前走・毎日王冠では豪快な末脚でダノンキングリーを差し切るなど、そのスピードと底力は証明済み。状態に不安があるグランアレグリアを逆転する可能性は十分あるだろう。

 主戦のC.ルメール騎手はグランアレグリアに騎乗するため、今回はデビュー戦と安田記念で手綱を取った横山武史騎手とコンビ再結成。一流騎手への階段を着実に駆け上がっている騎手だけに不安はない。

 1週前追い切りは、美浦南Wで僚馬アルビージャ(3勝クラス)と併せ馬。横山武騎手を背に3馬身追走から4コーナーで並びかけ、最後は1馬身先着を果たした。

 横山武騎手は「しまいの反応を確かめる感じでしたが、いい動きでしたし、これだけ時計(5ハロン66秒8-ラスト11秒2)も出るんだから、すごい馬ですね」と『東京スポーツ』の取材に答えている。前走からさらに上積みを感じさせ、状態面に関しては文句なしといえるだろう。

 懸念があるとすれば、初となる関西圏への長距離輸送か。まだキャリアは6戦と浅く、今までと異なる環境で脆さが出なければいいが……。レース直前の状態をしっかり見極めたい。

 長距離輸送さえクリアできれば、ステルヴィオ以来3年ぶりの3歳馬によるマイルCS制覇、そして打倒グランアレグリアが十分に現実味を帯びている。

JRA【マイルCS(G1)展望】グランアレグリア「蹄に痛み」は杞憂に終わる!? 充実一途シュネルマイスターに逆転の目は…グレナディアガーズ、インディチャンプも虎視眈々のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合