NEW

JRA【マイルCS(G1)展望】グランアレグリア「蹄に痛み」は杞憂に終わる!? 充実一途シュネルマイスターに逆転の目は…グレナディアガーズ、インディチャンプも虎視眈々

 シュネルマイスターが制した今年のNHKマイルC(G1)で1番人気に支持されていたのがグレナディアガーズ(牡3歳、栗東・中内田充正厩舎)だ。怪物フランケル産駒が昨年の朝日杯FS(G1)以来の勝利を狙う。

 今年は2歳マイル王としては異例のファルコンS(G3)から始動。確勝を期したが、ルークズネストに足をすくわれ2着に敗れた。さらにNHKマイルCでも3着、そして秋初戦の京成杯AH(G3)でも3着と、目下3戦連続で1番人気を裏切っている。

 結果が伴わないなか、今回は鞍上も乗り替わりとなる。デビューから手綱を取ってきた川田将雅騎手が、今回は同じ3歳馬のダノンザキッドを選択。池添謙一騎手が替わりを務める。

 1週前追い切りでコンタクトを取った池添騎手は、自らTwitterでその走りに言及。「一週前追い切り抜群でした!! G1馬だから当たり前かもしれんけど、トップレベルの走り 楽しみになりました」と馬の絵文字なども交えながらファンに報告している。

 近3走は結果が出ていないが、2戦2勝と得意な阪神を舞台に復活の勝利はなるか。代打の神様の勝負強さにも期待したい。

JRA【マイルCS(G1)展望】グランアレグリア「蹄に痛み」は杞憂に終わる!? 充実一途シュネルマイスターに逆転の目は…グレナディアガーズ、インディチャンプも虎視眈々の画像3

 2年前に春秋マイル王に輝いたインディチャンプ(牡6歳、栗東・音無秀孝厩舎)は、その後もほぼ大崩れすることなく堅実に走っている。

 今春には高松宮記念(G1)で1200mにも挑戦。勝ったダノンスマッシュと0秒1差の3着に健闘した。春の大目標、安田記念では4着に敗れたが、グランアレグリアとは0秒2、シュネルマイスターとは0秒1と差のない競馬をしている。

 今回は5か月半ぶりの実戦となるが、これは昨年と同じローテーションで、1年前は2着に入っている。6歳を迎えても衰えは見せておらず、今年も上位争いは必至だろう。

 マイルCS後は、すでに招待を受諾している12月の香港マイル(G1)に進むことが濃厚。年齢的にマイルCSが国内最後のレースになる可能性もある。再び2年前の輝きを取り戻せるか。

JRA【マイルCS(G1)展望】グランアレグリア「蹄に痛み」は杞憂に終わる!? 充実一途シュネルマイスターに逆転の目は…グレナディアガーズ、インディチャンプも虎視眈々のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合