NEW

JRA【東京スポーツ杯2歳S(G2)展望】キタサンブラック産駒の超大物候補が登場!対抗格は福永祐一が「兄弟で一番いい」と高評価のアノ馬

JRA【東京スポーツ杯2歳S(G2)展望】キタサンブラック産駒の超大物候補が登場!対抗格は福永祐一が「兄弟で一番いい」と高評価のアノ馬の画像1

 20日、東京競馬場では第26回東京スポーツ杯2歳S(G2)が行われる。過去4年の勝ち馬のうち3頭が後にG1を制覇(ワグネリアン、コントレイル、ダノンザキッド)。2歳戦屈指の出世レースとして知られ、G2に昇格初年度に再び大物は誕生するか、注目が集まる。

 主役候補は1戦1勝のキタサンブラック産駒イクイノックス(牡2歳、美浦・木村哲也厩舎)だ。現役時代にG1を7勝した父の初年度産駒で、母シャトーブランシュも15年マーメイドS(G3)を勝っている。

 半兄には、今年のラジオNIKKEI賞(G3)覇者ヴァイスメテオールがいて、デビュー前から注目度は高かった。そんな期待を大きく上回るパフォーマンスを見せつけたのが8月新潟のデビュー戦(芝1800m)だった。

 このときはサトノヘリオスに次ぐやや離れた2番人気だった。レースでは好スタートを決め、好位3番手を追走。長い新潟外回りの直線で、メンバー最速の上がり時計をマークし、2着に6馬身差の圧勝劇を演じた。

 このレースで1秒2差の3着に破ったサークルオブライフは、その後にアルテミスS(G3)を勝利。イクイノックスの強さを間接的に証明した。2歳世代の牡馬は、札幌2歳S(G3)を勝ったジオグリフが一歩リードしているが、素質は同等かそれ以上という声も。出世レースで改めてその素質の高さを証明したい。

 デビュー戦で騎乗したC.ルメール騎手は「エンジンのかかりが早いし、とても良い脚を使いました。伸びしろがありますし、パワーアップしたら楽しみです」と大絶賛。血統から距離は2000m以上がベター。本格化も3歳秋以降だろう。2歳秋に重賞を勝つようなら化け物の可能性もある。

 イクイノックスの対抗格と目されるのはレッドベルアーム(牡2歳、栗東・藤原英昭厩舎)だ。

 デイリー杯2歳S(G2)を兄弟連覇したレッドベルジュールとレッドベルオーブの半弟で、2歳戦での活躍は織り込み済み。父がハーツクライに替わって、本馬は2000m前後が守備範囲か。

 6月に阪神芝1800mで新馬勝ちを収めると、夏はじっくり成長を促し、満を持して秋初戦に照準を合わせてきた。

 デビュー戦は好位から抜け出す強い内容。着差は半馬身だったが、危なげない勝ち方で、センスの高さも感じさせた。

 鞍上はデビュー戦に続き福永祐一騎手が務める。前走後には「兄弟で一番いい」というコメントも飛び出したが、強豪がそろったここは試金石。兄2頭は故障で3歳時の大半を棒に振ったが、弟は出世レースをステップに来年のクラシックでの活躍を期す。

JRA【東京スポーツ杯2歳S(G2)展望】キタサンブラック産駒の超大物候補が登場!対抗格は福永祐一が「兄弟で一番いい」と高評価のアノ馬のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合