NEW

JRAエリザベス女王杯(G1)「339万馬券」演出はソダシも餌食となった阪神の激流に伏線、レイパパレ敗因は「距離」だけじゃない!?

JRAエリザベス女王杯(G1)レイパパレ敗因は「距離」だけじゃない!? 「339万馬券」演出はソダシも餌食となった阪神の激流に伏線の画像1
レイパパレ JBISサーチより

 14日、阪神競馬場で開催された秋の女王決定戦・エリザベス女王杯(G1)は、幸英明騎手の10番人気アカイイトが勝利した。前走の府中牝馬S(G2)を12番人気で7着に敗れてからの挑戦ながら、初の重賞勝ちにG1タイトルという嬉しい“オマケ”もついてきた。

 人気馬が総崩れして2着にも7番人気ステラリア、3着に9番人気クラヴェルが入ったレースは大波乱。馬単の払戻しは13万7500円、三連単は339万3960円となり、今年行われたG1レースで初の100万円超えを記録した。

 そして、339万馬券演出の一因といえるのが、C.ルメール騎手とのコンビで単勝オッズ2.9倍に支持を受けて6着に沈んだレイパパレ(牝4、栗東・高野友和厩舎)である。

「ずっと引っかかった。だから、早く動いたけど、最後のストライドは止まってしまった。距離も長かったし、コントロールも難しかった」

 レース後、ルメール騎手がそう振り返ったように、レイパパレにとってあと1ハロンの距離の克服は最重要課題だった。そんな爆弾を抱えていた1番人気馬に、最悪の形で立ちはだかったのが、あまりに厳し過ぎた激流である。

 17頭立てで行われた内回りの芝2200m戦。最内1枠1番から好スタートを決めたレイパパレだったが、ハナを主張したシャムロックヒルにロザムールが競り掛けてペースアップ。これにウインマリリンが3番手で続いて、その後方の内目4番手につける。

 このままペースが緩めば展開も変わったかもしれないが、すぐ外を並走するアカイトリノムスメやリュヌルージュにもプレッシャーを受け続ける苦しいポジション。外に出すスペースもないまま、内に押し込められたレイパパレは息を入れるタイミングもない。その結果、本来なら避けたかったはずの消耗戦へと巻き込まれることとなる。

 パートナーの逸る気持ちをヒシヒシと感じていたルメール騎手は、3コーナー手前でワンテンポ早く進出を決断。一足先に抜け出して底力勝負に一縷の望みをかけた。

 しかし、後方から脚を伸ばしてきたアカイイトに残り200mで並び掛けられると、もはやレイパパレに抵抗するだけの余力は残されていなかった。ゴール前では他の後続馬にも交わされ6着で入線する。

 4月の大阪杯(G1)ではコントレイルやグランアレグリアら現役トップクラスを相手にG1初優勝。デビューから無傷の6連勝で戴冠の衝撃は競馬ファンの度肝を抜いたが、ライバルが重馬場を苦にしたことや、展開的に恵まれたという声もあったことは確かだ。

 実際に芝2200mのレースは宝塚記念(G1)、オールカマー(G2)で敗れ、エリザベス女王杯で3連敗。2000mまで無敗だったことを思えば、敗因を距離に求めるのは正論かもしれない。

 だが、一概にそれだけで済ませてしまうには、あまりに早計という見方もある。

JRAエリザベス女王杯(G1)「339万馬券」演出はソダシも餌食となった阪神の激流に伏線、レイパパレ敗因は「距離」だけじゃない!?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合