NEW

JRAエリザベス女王杯(G1)横山武史「感情露わ」でレース後下馬……「休ませて有馬記念挑戦プランもあった」ウインマリリン“強行軍”の裏側

【この記事のキーワード】, ,

JRAエリザベス女王杯(G1)横山武史「感情露わ」でレース後下馬……「休ませて有馬記念挑戦プランもあった」ウインマリリン強行軍の裏側の画像1

 14日に阪神競馬場で行われたエリザベス女王杯(G1)は、10番人気の伏兵アカイイトがG1初制覇。2着が7番人気ステラリア、3着が9番人気クラヴェルという大波乱の結果に終わった。

 一方、今年のエリザベス女王杯は大阪杯(G1)を勝ったレイパパレ、秋華賞(G1)を制したアカイトリノムスメ、そしてオールカマー(G2)を勝って勢いに乗るウインマリリンが3強を形成した。

 しかし、いずれも掲示板(5着以内)にさえ載れなかった驚きの結果に終わっている。

 前に行った馬にとって苦しい流れの中、レイパパレとアカイトリノムスメは先行勢最先着となる6、7着と相応の実力は示した。深刻なのは3番手を追走しながら16着に大敗したウインマリリン(牝4歳、美浦・手塚貴久厩舎)だろう。

「若干、見た目は悪いですけど……」

 11日、エリザベス女王杯に向けた共同会見の席だ。管理馬のウインマリリンについて淡々と答えていた手塚貴久調教師だったが、肘の状況について聞かれた際「今日の動きを見ている限りは、気にせずレースに迎えるんじゃないかな」と話した直後、記者の次の質問を遮って、あえてそう言葉を挟んだ。

 ウインマリリンにとって、右肘の腫れは持病の1つだ。右肘が腫れること自体は大きな問題ではなかったが、前走のオールカマー快勝後にはいつになく大きく腫れてしまい、熱発も誘発した。そこから懸命に立て直したものの、一度狂った歯車が戻ることはなかった。

「正直、今回のウインマリリンの共同会見は異様なムードだったと言わざるを得ません。手塚調教師の応答も然ることながら、あからさまに元気がなかったのが、主戦の横山武史騎手でした。

いつもは明るくハキハキとしゃべってくれる横山武騎手ですが、今回ばかりは言葉を濁すというか、覇気がなかったですね。騎手ですから依頼があった以上、乗るしかない部分はあると思いますが『万全の状態で挑みたかった』というのが本音でしょう」(競馬記者)

 実際に、共同会見でウインマリリンの1週前追い切りの状態を聞かれた際「きっぱりと言っちゃうんですけど、状態がかなり悪かった」と言葉を選ばなかった横山武騎手。

JRAエリザベス女王杯(G1)横山武史「感情露わ」でレース後下馬……「休ませて有馬記念挑戦プランもあった」ウインマリリン“強行軍”の裏側のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合