NEW

JRA エリザベス女王杯(G1)クラヴェルの3着は「必然」だった!? 横山典弘「今まで最高。一番の仕上がり」に加えてリーチがかかっていた“珍記録”

【この記事のキーワード】, ,

JRA エリザベス女王杯(G1)クラヴェルの3着は「必然」だった!? 横山典弘「今まで最高。一番の仕上がり」に加えてリーチがかかっていた珍記録の画像1

 14日、阪神競馬場で行われたエリザベス女王杯(G1)は幸英明騎手の10番人気アカイイトが優勝。

 3連単の配当は約339万円と中央G1の3連単高配当ランキング第6位にランクインする波乱だった。だが、10番人気が勝ったとはいえ、2着・3着にも人気薄の馬が入らないとこれほどまで大きな払戻とならない。

 そこで、339万馬券に一役買ったのが9番人気で3着に食い込んだクラヴェル(牝4歳、栗東・安田翔伍厩舎)だ。レースでは後方で脚を溜めると、直線は馬群を縫って抜け出て、ゴール前で3着へ浮上した。

JRA エリザベス女王杯(G1)クラヴェルの3着は「必然」だった!? 横山典弘「今まで最高。一番の仕上がり」に加えてリーチがかかっていた珍記録の画像2

 鞍上の横山典弘騎手は「今までで最高、一番の仕上がりだったし、よく厩舎スタッフがここまで持ってきてくれた。ありがたい」と、クラヴェル陣営を賞賛。

 続けて「みなさんが思っているよりとても難しい、特殊な馬。すごい脚を使っているとみられるが、一つ間違えば掲示板もなかった。勝てなかったが、いい仕事はできた。また頑張ってもらいましょう」と、上手く噛み合っての3着であることを強調した。

 横山典騎手は勝敗に関わらず、レース後のインタビューであまり多くを語らないことで有名だ。ただ、今回は文字数で100文字以上を話している。そこには安田翔厩舎との深い間柄が関係しているそうだ。

「安田翔師はクラヴェル以外でも有力馬を横山典騎手へ任せています。重賞やG1で好走したワンダーリーデルやキングオブコージがそうですね。

そういった関係から、横山典騎手も陣営の渾身の仕上げに意気を感じていつもより饒舌になったのでしょう」(競馬誌ライター)

 安田翔師はクラヴェルについて「460キロを切るくらいでちょうどいいと思います」と、レース前にコメント。そして、クラヴェルの当日の馬体重は456キロと望み通り。名手が手放しで褒めることにも合点がつく。

 だが、それほど状態が良くても勝てなかった。エリザベス女王杯まで重賞3戦連続馬券圏内ながら未勝利の「善戦マン」であるため、勝ち味に遅いタイプともいえそうだが、今回の3着はある意味必然の“定位置”だったのかもしれない。

JRA エリザベス女王杯(G1)クラヴェルの3着は「必然」だった!? 横山典弘「今まで最高。一番の仕上がり」に加えてリーチがかかっていた“珍記録”のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合