NEW

パチスロ「一撃2万枚」射程の超A級スペック!「AT130連」を彷彿させる出玉性能に驚愕

【この記事のキーワード】,

パチスロ「一撃2万枚」射程の超A級スペック!「AT130連」を彷彿させる出玉性能に驚愕の画像1

 数あるパチンコ・パチスロ台の中から、個人的に印象に残っている過去のマシンをご紹介させていただく本コラム。今回ご紹介するマシンは、万枚すら余裕で達成できる爆発力で人々を魅了した、パチスロ4号機・5号機時代の名作でございます。

 それは『ゴルゴ13』シリーズ。本タイトルといえば、SANKYO製のパチンコ台というイメージが強いかもしれません。昨年にリリースされた『Pフィーバーゴルゴ13 疾風 ver.』は、3000発がループするという強力な一撃性を武器に好評を得ていた印象です。

 今年に入ってからは同タイトル『疾風マシンガンVer.』を発売。前作とは全く異なるSTスペックを採用し、約93%ループという連チャン特化型マシンとして活躍しています。多くのユーザーが「ゴルゴ13=パチンコ」という印象を強く持っていると思いますが…。

 私のようなオールドファンの記憶の中には、パチスロで圧倒的な爆裂を披露するゴルゴ13の姿が未だに強く残っております。

【注目記事】

パチンコ『北斗無双』最新作に新たな続報が!? 初代ファンの要望に応える仕上がりに期待の声

パチンコ新台『乃木ぱ』の実戦が話題!「驚愕の完成度」に称賛の声が続出!!

 平和よりリリースされた4号機『ゴルゴ13』は、凄まじい爆発力を秘めた純増約7枚/GのAT仕様。タイトルにもある「13」にこだわりを感じるゲーム性で、AT「ゴルゴチャンス」は1セット13G約90枚を獲得できました。

 このATは初当り時に「何連チャンするか」が振り分けによって変化するのですが、その最大値は驚異の「AT130連」。薄い確率でしたが、これを引いただけで「90枚×130連=11700枚」です。これにボーナス獲得分を加えれば、一撃2万枚も夢ではなかったでしょう。

 まさに4号機トップクラスの爆裂ATマシンとも言える本機ですが、そのDNAを色濃く受け継いだ超A級マシンが5号機として登場しました。それが『ゴルゴ13-薔薇十字団の陰謀-』です。

 同じく平和より登場した本機は、ボーナス非搭載のARTタイプ。純増約2.8枚の「ゴルゴRUSH」を主軸に出玉を獲得していくゲーム性で、ツボにハマった際の爆発力は先述した4号機にも匹敵するポテンシャルを秘めていました。

 それを可能にしていたのが、極めて強力な上乗せ性能。大量なARTゲーム数を獲得する肝となるのが「アサルトRUSH」という上乗せトリガーです。本フラグに当選すると、ゴルゴ図柄が揃う度に「30or50or100G」を上乗せ。それが0G連で抽選に漏れるまでひたすら続くという激アツ仕様となっています。

 継続率は「50~最大91%」。大抵が50%ループで続かずに終了しますが、高継続が選択された際は延々と上乗せが続くことも少なくありません。91%なんて引いたら悶絶もの。4ケタの大台に乗るまで0G連が終わらないという異常事態も起こり得るのです。

パチスロ「一撃2万枚」射程の超A級スペック!「AT130連」を彷彿させる出玉性能に驚愕のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合