NEW

パチンコ「継続率83%×10R比率50%」ライトミドル帯上位の優秀マシンでまさかの大敗!?

【この記事のキーワード】,

パチンコ「継続率83%×10R比率50%」ライトミドル帯上位の優秀マシンでまさかの大敗!?の画像1

 ひろ吉のパチンコ「実戦」紹介。今回は、戦車を題材とした人気アニメのタイアップ機『Pガールズ&パンツァー 劇場版(以下、ガルパン 劇場版)』について書いていきたい。

■大当り確率:1/199.8 → 約1/7.2
■戦車道突入率:約54%
■戦車道継続率:約83%
■賞球数:1&8&10
■ラウンド:4R or 6R or 7R or 8R or 9R or 10R
■カウント:10C
■大当り出玉:約400 ~ 1000個(払い出し)
■時短:1 or 6 or 200回+残保留
■遊タイム:低確時500回転消化後200回の時短へ突入

 本機は突破型の1種2種混合タイプ。初当りは4R大当り(97%)がメインとなり、ラウンド終了後は「戦車道チャレンジ」へ突入する(初回10R(3%)大当りは戦車道へ直行)。

  戦車道チャレンジは、電サポ1回+残保留4個が付与され、ここで約1/7.2の大当りを射止めることができれば、出玉獲得のメインとなる「戦車道」へ突入する。

 電サポ6 or 200回+残保留の「戦車道」は継続率約83%で、大当り時は50%で10R(約1000個)、15%で次回大当り濃厚(電サポ200回)など、大量出玉を狙えるポテンシャルも秘めている。

【注目記事】

甘デジながら『牙狼』を超えるドル箱タワー建設!?「最大16R×高ループ」の超荒波マシン!!

パチスロ5号機「万枚マシン」狙い目を特集!!

 さて、そんな『ガルパン劇場版』だが、筆者はリリース(2021年5月)当時から本機のスペックに魅力を感じており、「一度は打ってみたい」と思っていた。普段はパチスロをメインに実戦しているため、なかなか打つ機会がなかったのだが、とある平日に「今日はパチンコで勝負してみるか」と決め、初打ちも兼ねて本機を確保した。

 これといってアツい展開が起きないまま300回転程で、大洗チームロゴのシンボルがMAXの5個まで溜まり、期待大の「大洗チャレンジ」へ突入した。特にアツい演出もなくリーチに発展し、「これは無理だな」と諦めていたがが、あっさり初当り(4R)をゲット。だが、戦車道チャレンジではチャンスアップパターンなどは一切なく、あっさり負けてしまった。

 正直、この日打った台のコンディションはかなり悪かったので、ここで実戦を終えてもよかったのだが、ラッシュを一度も体験せずに終わるのも心残りだったため、「もう一発初当りを引くまで頑張ろう」と続行した。

 ありがたいことに次の初当りは早く、わずか10回転で大当りを射止めることができた。「今度こそは頼む」と願いながら戦車道チャレンジを消化していると、チャンスアップとなる2人攻撃(期待度78.6%)などが発生し、「さすがに大丈夫だよな」と安心したのも束の間…あっさりと外れてしまい、またしても戦車道に突入させることができなかった。これで心が折れてしまい、収支「-6000玉」で実戦終了となった。

 今回が初めての実戦となったが、演出面などは過去作と同様に、シンプルで派手さは控えめといったところ。アツい演出がひとつでも発生すれば、大当りに十分期待できる演出バランスといえる。今回は残念ながらRUSH突入とはならなかったが、スペックが非常に魅力的なので、また機会があればまた実戦に挑みたい。

(文=ひろ吉)

<著者プロフィール>

 IT業界の世界に興味を抱き、iPhoneアプリの開発を4年程経験。その後、WEBマーケティングの知識や経験を重ねてきた。パチンコ・パチスロのヘビーユーザーであり、機種のスペック等の研究に時間を注いでいる。現在はパチMAXにて、パチンコやスロットの考察記事・実戦記事をメインに作成中。自身が好む低純増・低ベース機の動向にも注目している。

パチンコ「継続率83%×10R比率50%」ライトミドル帯上位の優秀マシンでまさかの大敗!?のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合