NEW

JRAジャパンC(G1)武豊「悪夢」の見学から待望のコンビ実現も、外国人騎手の襲来で苦しい立場が浮き彫り!?

【この記事のキーワード】, , ,

JRAジャパンC(G1)武豊「悪夢」の見学から待望のコンビ実現も、外国人騎手の襲来で苦しい立場が浮き彫り!?の画像1

 久しぶりに外国人騎手の活躍が見られそうだ。

 28日、東京競馬場で開催されるジャパンC(G1)に、アイルランドからA.オブライエン厩舎のブルームとジャパン、フランスからG.ビエトリーニ厩舎のグランドグローリーが参戦することが分かった。

 外国馬の参戦は国際レースであるジャパンCを大きく盛りあげてくれそうだが、これに加えて外国人騎手の来日も再開となりそうだ。ブルームにはR.ムーア騎手、グランドグローリーにはC.デムーロ騎手の騎乗が予定されている。

 また、デムーロ騎手は短期免許を取得し、日本国内で騎乗するという話も出ており、こちらは3年ぶりのこと。あれから昨年の凱旋門賞(仏G1)をソットサスで勝利し、今秋のフォワ賞(仏G2)では日本から参戦したディープボンドを勝利へと導いた。

 以前よりさらに腕に磨きをかけての来日で、兄のM.デムーロ騎手と兄弟対決もあるだろう。

 近年はコロナ禍ということもあり、国内外への入出国に制限が設けられているが、以前に比べようやく落ち着きを見せ始めていることもあり、徐々に緩和の機運も高まりつつある。

 ジャパンCでの来日をきっかけに再び外国人騎手が、有力馬に騎乗する機会も増えていくだろう。

 ファンにとっては世界的な名手のハイレベルな手綱捌きを見ることもできるため、楽しみでもあるが、これを喜んでいられないのが若手や中堅の騎手たちだ。これまでは“商売敵”がいなくなったことにより、騎乗馬の確保をしやすくなっていたものの、ライバルが増えることでローカルへ追いやられる騎手も出てきそうだ。

 すでにG1勝ちを挙げた横山武史騎手のように、頭角を現している若手はともかく、これから実績を重ねたい騎手にとっては苦しい状況となるのではないか。

JRAジャパンC(G1)武豊「悪夢」の見学から待望のコンビ実現も、外国人騎手の襲来で苦しい立場が浮き彫り!?の画像2

 そして、この影響は日本が誇るレジェンド武豊騎手とて例外ではないかもしれない。

JRAジャパンC(G1)武豊「悪夢」の見学から待望のコンビ実現も、外国人騎手の襲来で苦しい立場が浮き彫り!?のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合