NEW

グランアレグリア「引退レース」で藤沢和雄師は28年前の再現へ! JRA・G1「通算33勝」した名伯楽の始まりは「雨中のマイルCS」

グランアレグリア「引退レース」で藤沢和雄師は28年前の再現へ! JRA・G1「通算33勝」した名伯楽の始まりは「雨中のマイルCS」の画像1
グランアレグリア 撮影:Ruriko.I

 21日、阪神競馬場では第38回マイルCS(G1)が行われる。G1馬が6頭揃い、今年もハイレベルな一戦となりそうだ。

 なかでも断然の主役はやはりグランアレグリア(牝5歳、美浦・藤沢和雄厩舎)だろう。デビュー当初から圧倒的なスピードを武器に短距離路線で活躍。これまで5つのG1タイトルを獲得してきた。

 今年は大阪杯(G1)と天皇賞・秋(G1)で中距離チャンピオンの座、そして3階級(1200m、1600m、2000m)制覇を狙った。しかし、春は道悪に泣き、秋はエフフォーリアとコントレイルに力負け。ベスト舞台の阪神マイルでG1・6勝目を狙う。

 そして、17日には陣営からこのレースでの引退が発表された。管理する藤沢和師も来年2月に定年引退を控えているため、師にとってもこれがG1制覇のラストチャンスになる可能性が高い。

 1988年の開業以来、藤沢和厩舎が積み重ねた白星は「1550」、JRA・G1勝利数は「33」にも上る。そんな平成の名伯楽にとって、マイルCSは過去5勝している得意レースの一つ。G1では天皇賞・秋の6勝に次いで2番目に多い数字である。

 最初の勝利は1993年のシンコウラブリイ。実は藤沢和厩舎にとって記念すべきG1初勝利でもあった。

 アイルランドで生まれたシンコウラブリイにとって当時はまだまだ外国産馬が不遇の時代。出走できるレースには限りがあり、G1にはなかなか縁がなかった。

 当時の3歳(現2歳)女王を決める阪神3歳牝馬S(G1)は3着、4歳(現3歳)時のマイルCSでは2着、5歳(4歳)春の安田記念で3着とG1では惜しいレースが続いた裏では重賞(G2、G3)を5勝。悲願のG1獲りに厩舎一丸で臨んだのがシンコウラブリイにとって2度目のマイルCSだった。

 その日の京都はあいにくの雨。芝は不良まで悪化していたが、前哨戦のスワンS(G2)を重馬場で勝っていたシンコウラブリイは堂々の1番人気に支持された。

 真っ黒の勝負服を纏った主戦騎手の岡部幸雄を背に好ダッシュを決めたシンコウラブリイ。ハナを主張したイイデザオウと2番手につけたマイスタージンガーを前に見ながらインに潜り込み、道中は好位3~4番手で折り合った。

 3コーナーをすぎた辺りでうまく外に進路を切り替えたシンコウラブリイは、4コーナーを迎えたところで前を行く2頭に外から並びかけた。

 直線を向いても抜群の手応えに満を持して岡部がゴーサインを送ると、残り1ハロン地点で先頭に躍り出た。逃げたイイデザオウもインで必死に食い下がるが、最後は1.1/4馬身差をつけてゴールに飛び込んだ。

「当時は競馬を覚えたてでしたが、このレースは鮮明に記憶しています。G1タイトルにはなかなか届かなかったシンコウラブリイを応援していたファンも多かったはず。私もそのうちの一人でした。

岡部さんの完璧な騎乗にも痺れましたが、レース後の勝利騎手インタビューも強く印象に残っています。確か『シンコウラブリイはこれで牧場に戻るので、生まれてくる子供たちを応援してやってください』のような発言だったと思います。競走馬は引退してもその役割を終えるわけではないんだとその時強く感じましたね」(競馬誌ライター)

 藤沢和厩舎はその後、97-98年にタイキシャトルで連覇、01年にはゼンノエルシドで制覇している。そして昨年はグランアレグリアが19年ぶりに藤沢和厩舎に勝利をもたらし、連覇を懸けて引退レースに臨む。

 繁殖牝馬としての第二の馬生を歩もうとしているグランアレグリアは、28年前のシンコウラブリイのように有終の美を飾れるだろうか。

(文=中川大河)

<著者プロフィール>
 競馬ブーム真っただ中の1990年代前半に競馬に出会う。ダビスタの影響で血統好きだが、最近は追い切りとパドックを重視。

グランアレグリア「引退レース」で藤沢和雄師は28年前の再現へ! JRA・G1「通算33勝」した名伯楽の始まりは「雨中のマイルCS」のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合