NEW

JRAジャパンC(G1)コントレイル是が非でも避けたい「最悪」シナリオ、引退目前の三冠馬に襲い掛かる試練続々

【この記事のキーワード】, ,

JRAジャパンC(G1)コントレイル是が非でも避けたい「最悪」シナリオ、引退目前の三冠馬に襲い掛かる試練続々の画像1

 21日、阪神競馬場では秋のマイルチャンプを決めるマイルCS(G1)が開催される。春の安田記念(G1)を制したダノンキングリーの姿こそないが、昨年の勝ち馬グランアレグリアが主役を演じる。

 前走の天皇賞・秋(G1)は芝2000mということもあってか、ゴール前で脚が鈍って3着に敗れた。陣営が距離に敗因を求めたように、ベストディスタンスに戻る今回は負けられない一戦となる。

 陣営からはマイルCSがラストランとなることも発表され、来年2月の定年が近づいた関東の名伯楽・藤沢和雄調教師としても力が入るだろう。

JRAジャパンC(G1)コントレイル是が非でも避けたい「最悪」シナリオ、引退目前の三冠馬に襲い掛かる試練続々の画像2

 そのグランアレグリアと前走の天皇賞で接戦を演じたコントレイルもまた引退を控えている1頭だ。同世代のライバル相手にデビューからモノの違いを見せ続け、昨年は父ディープインパクト以来となる無敗の三冠馬に輝いた。

 しかし、世代交代を目論んだ昨年のジャパンC(G1)でアーモンドアイに返り討ちにあってからは順風満帆だった競走生活の歯車が狂ってしまった。

 大阪杯でレイパパレの逃げ切りを許すと、極悪馬場を走った疲れが抜けず宝塚記念(G1)を回避。陣営がベスト条件と豪語していた天皇賞・秋でも、絶対に負けられない立場だったにもかかわらず、3歳馬エフフォーリアの軍門に下った。

 そして今回、ついにラストランを迎える訳だが、ジャパンCにはエフフォーリアやグランアレグリアの姿もなく、戦前からは早くも楽勝ムードすら漂い始めている。

 メンバー的にもこれといった強敵が見当たらないようにも感じられるものの、外国馬であるブルーム、ジャパンの参戦は少々厄介になりそうだ。

 だが、それよりも怖い存在となりそうなのが、C.ルメール騎手とのコンビで参戦を表明したオーソリティ(牡4、美浦・木村哲也厩舎)ではないだろうか。両馬の直接対決は過去1度、2019年のホープフルS(G1)でコントレイルが楽勝しているものの、再戦の舞台は東京競馬場となる。

 そしてこのオーソリティ、実は名うての東京巧者なのである。他コースでは6戦2勝3着1回に対し、東京だと4戦3勝2着1回とほぼパーフェクトな成績。先日のアルゼンチン共和国杯(G2)においてもトップハンデ57.5キロの斤量を背負って2着馬に2馬身半の差をつけて楽勝し、同レースの連覇をしたばかりだ。

JRAジャパンC(G1)コントレイル是が非でも避けたい「最悪」シナリオ、引退目前の三冠馬に襲い掛かる試練続々のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合