NEW

パチスロ「驚愕の7万枚」を史上最強のマシンで達成…

【この記事のキーワード】, ,
パチスロ「驚愕の7万枚」を史上最強のマシンで達成…の画像1
今回の主役はサミーの4号機『アラジンA』

 今回は先週の2号機初代『アラジン』に続きサミーの4号機『アラジンA』(2002年)を堪能してきました。 

 新たにリリースされる『SアラジンAクラシック』は、このアラジンAのリバイバルなのでより近いのは初代よりも当然コチラということになりますね。

 コイン持ちは最悪でしたがAT『アラジンチャンス』で一世を風靡した人気機種で、前回の記事でも書いたように個人的な相性は本当に最悪でした。なけなしの給与支給日に12万負けを喰らい…途方に暮れたこともあったのです。

 この頃といえば正に爆裂AT全盛期。同時期にはあの初代『ミリオンゴッド』も存在しましたが、本当の意味での一撃性能という部分では史上最強ではないでしょうか。

【注目記事】

パチスロ「万枚製造機」が撤去へ…「3桁上乗せ」頻発の最強ART機の攻略ポイント特集!!

パチスロ「一撃2万枚」射程の超A級スペック!「AT130連」を彷彿させる出玉性能に驚愕

 この時期のAT機は今でいうセット継続タイプで、ミリオンゴッドには有名過ぎる最強役である一撃約5000枚のGOD(AT500G)揃いを搭載していましたが、アラジンAにはAT5000Gという前代未聞のATが搭載されていましたからね。

 多くのAT機が純増1Gあたり約10枚程度でしたから単純計算で5万枚が可能…といいたいところですが、アラジンAのATはシングルボーナスの連続でメダルが増加するタイプ。

 したがって、基本である1セット10GのAT中に、シングルボーナスが平均6回くらいは成立する訳です。そうなるとJACゲームも6G分がプラスされるので、1セットあたりの消化も平均16Gくらいになるのです。

 となるとAT5000Gの消化にも約8000Gはかかる訳ですから、実質的には朝イチや少なくとも午前中には引かないと現実的に消化するのは不可能になってしまうのですね。

 が!しかし! 私の後輩が朝からAT5000Gを引いてしまったんですよ。 

 で丸1日中ATな訳ですけど、その消化中にもBIGやRGEボーナスも引くのでもう本当に淡々とメダルが増えていくだけなんですね。後輩は「ひたすら消化ゲームで面白くない」とかいっていたんですが…もうある意味暴言ですよ。

パチスロ「驚愕の7万枚」を史上最強のマシンで達成…のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合