NEW

怪物「珍名馬」ママママカロニが単勝1.6倍の惨敗…「状態は前走以上」盤石に思われた“古馬重賞級”の敗因は、まさかのアクシデント

【この記事のキーワード】, ,

怪物「珍名馬」ママママカロニが単勝1.6倍の惨敗…「状態は前走以上」盤石に思われた古馬重賞級の敗因は、まさかのアクシデントの画像1

 17日、大井競馬場でハイセイコー記念(S1)が行われ、2番人気のノブレスノアが勝利。

 鞍上の森泰斗騎手は「イメージ以上にうまく運べました。体も一戦ごとにしっかりしてきていますし、距離が延びて良さそうだと先生もおっしゃっているので、大きな期待をかけていきたいと思っています」と、満面の笑みを浮かべた。

 一方、単勝オッズ1.6倍の圧倒的な支持を受けながら、よもやの敗戦を喫してしまったのが矢野貴之騎手のママママカロニ(牡2歳、大井・森下淳平厩舎)だ。

 音楽ユニット『Perfume』の楽曲『マカロニ』のフレーズが由来の馬が、世間から大きな注目を浴びることになったのが、9月20日に大井競馬場で行われたゴールドジュニア(S3)だ。

 このレースでママママカロニは、2着馬に9馬身差をつけて圧勝。馬場状態は異なるが、単純に比較すると今年4月の東京スプリント(G3)と同じ走破時計というオマケ付き。2歳9月の時点で古馬重賞級の能力を持った珍名馬ということが話題となった。

 デビューから無傷の4連勝を目指して挑んだ前走の鎌倉記念(S2)では、中団からレースを進めるも、前が止まらず2着。初めてレースで敗れたが、初の左回りコース、初の距離延長に難なく対応したのは、競走センスが高い証拠だろう。

 鎌倉記念は全日本2歳優駿(G1)と同じ川崎競馬場で行われ、100m距離が短いだけ。本番へ向けた予行練習としては、十分合格点が与えられる内容と考えられる。鞍上の矢野貴之騎手は「いい競馬だったとは思います。大したものだと思いますよ」と、振り返っている。

 そして全日本2歳優駿へ万全な状態へ進むため次に向かったのが、今回のハイセイコー記念だった。

「状態は前走以上に仕上がっていると思います。左回りを使ったことで、左右のバランスも良くなっています」と、自信を持って送り出した森下師だったが、期待をよそにママママカロニはスタートで出遅れてしまう。

 レースは前半3ハロン39秒2とスローペースで流れて、最後の直線へ。道中はインコースでしっかり脚を溜めたが、ペースが緩かった分前の馬が止まらず。直線で大外から脚を伸ばすも、届かず4着に終わった。

怪物「珍名馬」ママママカロニが単勝1.6倍の惨敗…「状態は前走以上」盤石に思われた“古馬重賞級”の敗因は、まさかのアクシデントのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合