NEW

パチスロ「リアルボーナスが一撃100連チャン」!? 驚異的な連チャンマシンなど注目作が続々とデビュー!【5号機を支えたトップメーカーの軌跡~NET~②】

【この記事のキーワード】,

パチスロ「リアルボーナスが一撃100連チャン」!? 驚異的な連チャンマシンなど注目作が続々とデビュー!【5号機を支えたトップメーカーの軌跡~NET~②】の画像1

 5号機初期の暗黒時代を支え、後のAT・ART全盛期時代でも華々しい活躍を見せたヒットメーカー。その「軌跡」をご紹介するこのコーナーでは、当時話題だった名機たちをスペックや特徴を交えながら振り返る。

 今回は、前回に引き続きヒットメーカー・NET第二弾だ。

 2009年、4号機時代のストック機を彷彿とさせるパチスロ『ドラキュラ』をリリースし、一部マニアの注目を集めたネット。そんな同社は同年、Rioシリーズの後継機『Rio2 クルージング・ヴァナディース』を販売した。

 前作の『リオパラダイス』はボーナスを軸に出玉を増やしていくボーナス+ATタイプだったのに対し、本作はボーナスとRT「リオタイプ」が出玉増加の軸。ボーナス終了後に突入する「リオチャンス」中に特殊リプレイが成立すれば、30Gor777G継続のRTへ突入する仕様で、規定G数消化あるいはボーナス成立でRTは終了となる。ただ、いずれも終了後は必ず「リオチャンス」へ再突入するため、「RT→ボーナス→RT→RT……」といったように、ボーナスを絡めたRT連でまとまった出玉獲得が期待できた。

【注目記事】
パチンコ「継続率83%×10R比率50%」ライトミドル帯上位の優秀マシンでまさかの大敗!?
甘デジ「確率1/77.7」で超強力なハマリ救済機能を完備…遊びやすさが際立つ激甘マシン!! 

 同年には、そんな本機のバージョンアップ機となる『Rio2プレミアム』をリリース。主な変更点はRT→純増1.2枚のARTへ変化し、そのARTにはストック機能も搭載されたことで、前作を超える一撃出玉を味わうことができたのである。なお、ボーナス中は最大10個のARTストックが獲得可能で、フリーズ発生で無限ARTが確定。ART消化中もレア役やボーナス成立などでストック抽選が行われるなど、あらゆる場面で大量ストックのチャンスがあり、一撃で13000枚オーバーという当時屈指の記録を残す猛者もいたほどだ。

 その名に恥じないプレミアムな出玉性能で話題を呼んだ本機。そうしたなか、ネットは翌10年、これまたネオストック機となる『ゼットゴールドEX』をリリース。自力ループタイプの『ドラキュラ』とは異なり、本機はナビストックによるリアルボーナスの連打が最大の特徴で、ナビの押し順に従うだけでボーナスが揃う仕組みとなっている。逆にナビストックがない場合、ボーナスの図柄と押し順を自力で当てなければならないので、まず揃うことはない。

 ボーナスは純増約221枚のゼットボーナスと最大純増約27枚のゼットラッシュの2種類。メインとなる後者は常時1/7.5以上の確率で成立しているため、ひとたびRUSHに突入すれば、凄まじい勢いでボーナスが押し寄せてくるというわけだ。

 なお、約1/6553~13107で成立するゼットボーナスは、ナビストックを大量獲得できるプレミアフラグとなっており、ストック数は平均14個、フリーズが伴えば平均39個と、出玉トリガーとしての機能を十分に果たしている。

 ナビストックの安定感は抜群で、一撃での大量出玉も狙えた『ゼットゴールドEX』。前回ご紹介した『ドラキュラ』と同じく、内部仕様があまりに複雑なため、市場での評価はイマイチな印象だったが、本機の登場によってネットの開発力の高さを改めて証明することになった。

パチスロ「リアルボーナスが一撃100連チャン」!? 驚異的な連チャンマシンなど注目作が続々とデビュー!【5号機を支えたトップメーカーの軌跡~NET~②】のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合