NEW

JRA武豊「最初から決めつけすぎ」岩田望来に神助言!? チャンピオンズC(G1)で示したいレジェンドの威厳

【この記事のキーワード】, , ,
JRA武豊「最初から決めつけすぎ」岩田望来に神助言!? チャンピオンズC(G1)で示したいレジェンドの威厳の画像1
チャンピオンズCに参戦するインティと武豊騎手

 来月5日、中京競馬場で行われるチャンピオンズC(G1)にインティ(牡7歳、栗東・野中賢二厩舎)が2戦ぶりに武豊騎手とのコンビで参戦する。

 7連勝でフェブラリーS(G1)を制して以来、約2年9か月勝利から遠ざかっているインティだが、前走の南部杯(G1)では主戦の武豊騎手が凱旋門賞(仏G1)騎乗の隔離期間中のため、岩田望来騎手が騎乗。

 レースでは近走と同様に、スタート後中団からの競馬を選択。メンバー最速の上がり35秒台の末脚を繰り出したが結果は4着となった。

 レース後、騎乗した岩田望騎手は「ここ2走、後ろから行って良い競馬をしてくれていましたので、今日もそういう形で競馬をしました」とコメント。南部杯において近年は逃げ、先行馬が多く勝利。また当日は馬場状態が悪く、前残りのレースが続いており、インティは今まで逃げる競馬も多くしてきただけに、控える競馬の選択にファンの賛否の声が上がった。

 フジテレビONEで放送されている『武豊TV!II』では「ゲートからのポジショニングに気をつけている」と言う岩田望騎手に対して、武豊騎手は「スタートからのポジション取りを最初から決めつけすぎかな」「もっと他馬の状況、レースのペースを見つつ柔軟に考えた方がいいかもね」とアドバイスをする場面が。

 また今年1月に行われた東海S(G2)では、ダイシンインディーに騎乗した岩田望騎手がやや強引な逃げで、ハナを主張した武豊騎手のインティに競りかけ1000mの通過タイムが59秒3というハイペースに。2頭ともに最後の直線では余力なく、2桁着順で大敗するというレースがあった。

JRA武豊「最初から決めつけすぎ」岩田望来に神助言!? チャンピオンズC(G1)で示したいレジェンドの威厳の画像2
伸び盛りの岩田望来騎手

 岩田望来騎手は昨年76勝で全国リーディング9位。今年も現時点で去年のキャリアハイの勝利数を超え、リーディングトップ10に入っており、若手ながらトップジョッキーと言われてもおかしくない成績を残している。しかしそのようなジョッキーでも難しく、悩むのがスタート後の位置取りだ。

 インティは2019年、2020年とチャンピオンズCでは逃げ、先行の競馬をして、2年連続3着と結果を出しているが、フェブラリーSからの近3走では控える競馬を選択し、メンバー中上がり最速を記録するなど素晴らしい末脚を繰り出しているのも事実。

 果たして、インティは控えるのか、先行するのか。岩田望騎手にアドバイスしたようにペース、周りの状況などを見て冷静に判断し、武豊騎手、インティ、そして管理する野中調教師の久しぶりのG1勝利に期待したい。

(文=椎名佳祐)

<著者プロフィール>
 ディープインパクトの菊花賞を現地観戦し競馬にのめり込む。馬券はアドマイヤジャパン単勝勝負で直線は卒倒した。平日は地方、週末は中央競馬と競馬漬けの日々を送る。

JRA武豊「最初から決めつけすぎ」岩田望来に神助言!? チャンピオンズC(G1)で示したいレジェンドの威厳のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合