NEW

JRA マイルCS(G1)安藤勝己氏VS細江純子氏、ダノンザキッドの見解で元ジョッキーの見解が真っ二つ!? 悩める2歳王者の「真の姿」は……

JRA マイルCS(G1)安藤勝己氏VS細江純子氏、ダノンザキッドの見解で元ジョッキーの見解が真っ二つ!? 悩める2歳王者の「真の姿」は……の画像1
ダノンザキッド

 21日に阪神競馬場で行われるマイルCS(G1)の枠順が19日に発表された。

 今回がラストランとなる昨年の覇者グランアレグリアは6枠12番、3歳馬で期待の新星シュネルマイスターは2枠3番、一昨年優勝で昨年2着のインディチャンプは4枠7番。有力馬は比較的散らばる枠順となった。

 一方、有終の美を飾りたいグランアレグリアの隣、7枠13番から虎視眈々とG1・2勝目を狙うのが、川田将雅騎手のダノンザキッド(牡3歳、栗東・安田隆行厩舎)だ。

 若干外寄りの枠順だが、安田隆師に不安の2文字はない。『スポーツニッポン』の取材に対し「この馬は枠に関して気にしてなかったので、どこでも良かったです」と、特に気に留めていない。続けて「変わらず順調。春は体調があまり良くなかったが、ひと夏を越して成長している。この相手にどこまでやれるか見てみたい」と、期待を持って2歳チャンプを送り出す。

 前走は骨折による長期休養明けに加えて、初めてのマイル戦。決して恵まれた条件とは言えなかったなか、4着と昨年のJRA賞最優秀2歳牡馬の意地は見せた。先日米国G1を制して波に乗っている川田騎手を背に、グランアレグリアとシュネルマイスターの2強ムードに風穴を開けても不思議ではない。

 しかし、一発ムード漂うダノンザキッドに対して、厳しい見解を述べたのが中央・地方合わせて通算4464勝を誇る元ジョッキーの安藤勝己氏だ。

 安藤氏は枠順発表前日に、自身のYouTubeチャンネル『アンカッちゃんねる』にて、『【マイルCS予想】昨年◎○▲のパーフェクト予想!アンカツの展開予想&出走馬格付けジャッジ!』を投稿。2006年と2007年にダイワメジャーで連覇を達成した安藤氏が騎手目線で、マイルCSの解説をしており、既に再生数は15万回を超える好評だ。

 安藤氏がダノンザキッドに触れたのは、動画の後半の「2021マイルCS 出走馬ABC評価」だ。このコーナーでは、安藤氏が有力馬を高い方から順番にA・B・Cの3段階で評価するコーナーが設けられ、1頭ずつ自身の見解を述べている。

 ダノンザキッドについて安藤氏は「素質的には3歳の中ではトップレベルの馬」と認めて「B評価」に。

 その一方、「正直1600mの馬には見えない。本来2000mぐらいあった方が」と、マイル適性に疑問を呈している。

 続けて「こういう馬場合うのかな、スタミナのいる。長い距離の方がいいんだろうけど、軽い馬場の方が合いそう」と、現在の阪神の芝へ対応できるかを疑問視している。

JRA マイルCS(G1)安藤勝己氏VS細江純子氏、ダノンザキッドの見解で元ジョッキーの見解が真っ二つ!? 悩める2歳王者の「真の姿」は……のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合