NEW

JRA C.ルメール「予約キャンセル」の非常事態!? 「楽勝でした」東京スポーツ杯2歳S(G2)イクイノックスにグラリ…

 4年連続リーディング獲得など、今や押しも押されもせぬトップジョッキーとなるルメール騎手。そんな“絶対王者”が意外なほどにクラシックと縁がないのは、偏にノーザンファーム系クラブとの付き合いによるところが大きいと言われている。

 無論、日本最高……いや、世界でも有数の規模を誇るノーザンファームの期待馬の鞍上に抜擢されることは、騎手としてこれ以上ない名誉の1つだろう。しかし、早い段階から騎乗馬が決まってしまうのは、逆に後の変化への融通性を失うことにもなる。

「わかりやすい例は今年のオーソクレースや、昨年のワーケアでしょうか。

キャロットファーム所属のオーソクレースはルメール騎手と共に2歳のホープフルS(G1)で2着した素質馬ですが、その後に故障して春のクラシックは見送りとなりました。その“余波”を受けたルメール騎手は皐月賞がアドマイヤハダル、ダービーが牝馬のサトノレイナスと有力馬の確保には成功しましたが、共に馬券に絡むことはできませんでした。

これが古馬のG1なら“No.1がダメならNo.2”くらいの勢いで有力馬が巡ってくるルメール騎手ですが、クラシックの場合はデビュー戦からコンビを組み続けているコンビも多く、No.1ジョッキーとはいえ、そう簡単に有力馬が回ってくるとは限らないということなのでしょう」(同)

「(勝てて)本当に嬉しい。今日は後ろからになったけど、最後はすごくいい脚を使えると思っていたので、全然心配していなかった」

 レース後、そうイクイノックスを賞賛したルメール騎手。果たして、来年のクラシックを共に歩むのは本馬か、それとも“予約済み”のコマンドラインか、それとも……。いずれにせよ、3年ぶりの牡馬クラシック制覇へ後悔のない決断を下したいところだ。

(文=大村克之)

<著者プロフィール>
 稀代の逃亡者サイレンススズカに感銘を受け、競馬の世界にのめり込む。武豊騎手の逃げ馬がいれば、人気度外視で馬券購入。好きな馬は当然キタサンブラック、エイシンヒカリ、渋いところでトウケイヘイロー。週末36レース参加の皆勤賞を続けてきたが、最近は「ウマ娘」に入れ込んで失速気味の編集部所属ライター。

JRA C.ルメール「予約キャンセル」の非常事態!? 「楽勝でした」東京スポーツ杯2歳S(G2)イクイノックスにグラリ…のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  2. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  3. JRA武豊や岡部幸雄を超えた福永祐一の「大記録」に黄信号!? 騎乗停止や落馬負傷はもはや許されない、名手を襲う過去最大級のピンチ
  4. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  5. JRA帝王賞(G1)武豊「もちろんシンガリでした」の苦い記憶、誰もが逃げると確信したレースで「致命的」ミス…夢のタッグは競馬どころじゃなかった!?
  6. JRA武豊アリーヴォ「ポツン騎乗」のなぜ!? 宝塚記念(G1)ドゥラメンテ産駒2頭で分かれた明暗…レジェンドも危惧した「嫌な予感」が的中か
  7. JRA M.デムーロ「僕の中で一番強い」タイトルホルダーが受け継ぐ最強馬のバトン…キタサンブラックが一度も勝てなかったドゥラメンテ、「夢の続き」は父から子へ
  8. JRA「勝ち馬が強かった」川田将雅、武豊、福永祐一もお手上げ!? “伝説の新馬戦” を制したC.ルメールは「いい勉強になりました」と余裕綽々
  9. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  10. JRA M.デムーロで「必勝態勢」春二冠女王と接戦を演じた実力馬が7番人気の珍事!? 1勝クラスで当然の勝利も、何故「10万馬券」決着となったのか